ポルシェ博士悲願の傑作車「ビートル」! フォルクスワーゲン「タイプ1」の歴史を辿る (4/4ページ)

KdF-Wagenをベースにした4輪駆動システムを組み込んだ軍用車

 さてもう一度プロトタイプに戻して話を進めていきましょう。VW30/60でテストを繰り返し、いよいよ量産計画にゴーサインが出され最終試作車のVW38は量産車として名前をKdF-Wagen(歓喜力行団のクルマ)と変えています。

【関連記事】人気マンガやアニメに名車が登場! クルマ好き以外にも注目され一躍話題になった旧車7選

1947年式フォルクスワーゲン アルメリー ケーファー画像はこちら ただ第二次大戦が勃発したことで量産計画もとん挫。KdF-Wagenをベースに、リムジーネのスタイルのまま4輪駆動システムを組み込んだ軍用車(Porsche Typ87)やキューベルワーゲン(同 Typ82)、ジュビームワーゲン(同Typ166)などが開発されていきました。1944年式フォルクスワーゲンTyp.87画像はこちら

 基本設計が優れていたこともあって、こうした軍用モデルもその目的や使用形態に対して高い性能を発揮したようですが、結果的にポルシェ博士は戦後、ヒトラーに協力した戦犯として身柄を拘束されるなど不遇な時代を過ごすことになりました。1943年式フォルクスワーゲン・キューベルワーゲン画像はこちら 残念な結末というべきですが、それはともかく基本設計に優れていたフォルクスワーゲンType1は、何度も“カイゼン”を重ねながら、半世紀を優に超える長い期間、生産されて販売された、まさに歴史に残る傑作車に昇華していきました。

画像ギャラリー