クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「人気車の7年落ち」が狙い目!「コスパ」の良い中古車を手に入れる方法とは
CLASSIC
share:

「人気車の7年落ち」が狙い目!「コスパ」の良い中古車を手に入れる方法とは

投稿日:

TEXT: 渡辺陽一郎 PHOTO: Auto Messe Web編集部

安いメリットがある中古車のポイントとは

 中古車を選ぶ一番のメリットは価格の安さだ。なるべく割安な車両を選びたい。それはいい換えれば、リセールバリューの悪いクルマになる。リセールバリューの優れた高く売却できる車両は、中古車を買うユーザーから見ると、価格が割高なコスパの悪い商品になるからだ。

コスパを考えれば不人気車も狙いだが  

 コスパの優れた中古車のパターンは、大きく分けてふたつある。ひとつ目は不人気車だ。車種やグレード、あるいはボディカラーなど、欲しがる人の少ない中古車は、一般的な価格では売れないから安く抑える。走行距離や年式を基準に考えたときのコスパは良好だ。中古車の狙い目は不人気車種にもある ふたつ目はその車種が大量に流通していること。中古車の需要を流通量が上まわるから、価格が下がってくる。

販売台数多い7年落ちが狙い目の理由

 注目されるのはふたつ目の中古車だろう。中古車の流通量が増えた理由は、新車時の販売台数が多かったためだから、商品力も相応に高いと考えられる。ひとつ目の不人気車も、商品力が低いとは限らないが、幅広く推奨することはできない。

 中古車の年式選びも重要だ。最初に車検を受ける手前で売却した3年落ちの車両は、走行距離も少なくて程度は良いが、価格も高めになる。そして人気の高い車種を中心に、5年落ちでも中古車価格が3年落ちとあまり変わらない車両が多い。中古車の年式チェックは必須 そこで7年落ちを考えたい。9年落ちになると、走行距離が10万kmを超えた車両も増えて、状態の見極めも難しくなるからだ。その点で7年落ちなら、耐久性が高まった今は安心して使える中古車が多い。

 次は今から7年前、つまり2014年の販売ランキングを見る。その結果は1位:先代タント(1カ月平均販売台数は1万9538台)、2位:先代アクア(1万9434台)、3位:先代フィット(1万6903台)、4位:先代プリウス(1万5301台)、5位:先代N-BOX(1万4994台)であった。7年前によく売れたタント これら2014年式の中古車は、好調に販売されて当時のクルマとしては商品力も高いが、流通量も多いために中古車価格は下がり気味だ。従ってコスパも優れている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS