クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • HREタンドラ、トップ10フィニッシュでチームタイトルにまた一歩近づく【2021NASCARトラックシリーズ第19戦】
SPORT
share:

HREタンドラ、トップ10フィニッシュでチームタイトルにまた一歩近づく【2021NASCARトラックシリーズ第19戦】

投稿日:

TEXT: 青山義明 PHOTO: Hattori Racing Enterprises

10番手スタートから着実にポジションを上げて 

 アメリカでもっとも人気のあるカーレースであるストックカーシリーズの「NASCAR(ナスカー)」には、「カップ」、「Xfinity(エクスフィニティ)」、「Camping World Truck(トラック)」という3大カテゴリーがある。そのうちのひとつ、トラックシリーズに長年挑戦を続けている「HATTORI RACING ENTERPRISES (HRE)」は、ナスカー界で唯一の日本人オーナー服部茂章率いるチームだ。今季もトラックシリーズに参戦している。

 前戦でドライバータイトルのプレイオフ進出が叶わなかったHREとオースティン・ヒル選手だが、残るチームタイトル獲得を目指し、第19戦が開催されるネバダ州・ラスベガス市街地にあるラスベガス・モーター・スピードウェイへ。1周1.5マイル(2.41km)のオーバルコースであり、アウト側に寄るほどバンク角が高くなっているプログレッシブバンクを採用した、高速インターミディエイトオーバルだ。

オースティン・ヒル選手 HREは、今回のシリーズ第19戦「Victoriaʼ s Voice Foundation 200 Presented by Westgate Resorts」に、横浜トヨペットが海外進出で立ち上げたカナダのトロントに拠点を置く「ウェインズ・カナダ」のカラーリングを纏った「#16 Weins  Canada  TOYOTA  TUNDRA」で参戦する。今回も、フリー走行、予選は行われず、決勝レースのみを行うレースフォーマットに。決勝グリッドは前戦のレース結果からの抽選により、HREのオースティン・ヒル選手は10番グリッドからスタートすることとなった。

「ウェインズ・カナダ」カラーの#16 TOYOTA  TUNDRA 9月24日(金)の午後6時からスタートしたこのレースは、第1ステージが30周目、第2ステージが60周目の各チェッカーの後、最終ステージ134周目のゴールを目指すこととなる。

 5列目アウト側からスタートしたヒル選手の16号車は、オープニングラップで8番手に順位を上げるも、その後は7番手争いの一進一退の混戦のなか9番手で第1ステージのチェッカーを受けた。

 このステージブレイクでは給油と4本のタイヤを交換しコースに復帰し、12番手から第2ステージのグリーンフラッグを受ける。続く第2ステージでも10番手争いを展開する。第2ステージチェッカーまで残りわずかとなった52周目に出たイエローコーションで、チームは16号車にピットインを指示。HREスタッフは給油と4本のタイヤ交換を施してヒル選手をコースに戻す。

 第2ステージ残り4周のリスタートで、ヒル選手は18番手からスタートダッシュを決めて一気に10番手にジャンプアップ。60周目には7番手にまで順位を上げてチェッカーを受けた。ステージポイントも獲得し、このステージブレイクではコースに留まり、3番手から最終ステージを迎えるという絶好の展開となる。

最終ステージ3番手スタートしたヒル選手

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS