クラシックカーラリーはマジで「頭脳戦」! 名車「アルファGT1600ジュニア」で「極上のクルマ遊び」に参加した【MARINE GP】 (1/2ページ)

noteで書く
クラシックカーラリーはマジで「頭脳戦」! 名車「アルファGT1600ジュニア」で「極上のクルマ遊び」に参加した【MARINE GP】

この記事をまとめると

  • 10月3日に愛知県で開催されたMARINE GPの参加レポート
  • 参加車両は1975年以前に製造された車両から現代のクルマまで
  • ビギナーからエキスパートまで楽しむことができる

ヒストリックカーラリーに一度も参加したことがないビギナーも楽しめる

「旧車」と聞くと“どうせポンコツで走らないから、眺めるだけの置き物なんでしょ?”と思うかもしれないが、実際はさにあらず。ヒストリックカーが参加できるイベントが毎月どこかで開催されており、サーキット走行を存分に楽しみたい、決められた区間を決められた時間でいかに正確に走行できるのかを競う「線踏み競技」を楽しみたい、愛車をロケーションのいい会場に展示してクルマ仲間との親睦をもっと深めたい、気の置けないクルマ仲間とのツーリングを楽しみたい! と思っている旧車オーナーらを大いに満足させている。

 筆者・高桑は度胸とドライビングセンスがないので、愛機(水色号こと1974年式アルファロメオGT1600ジュニア)でのサーキット走行に関しては一年に一回しか実践しない。だが、線踏み競技が行われるヒストリックカーラリーと旧車展示系イベント、そして、ツーリングをおもなコンテンツとしたギャザリングには頻繁にお邪魔させてもらっている。去る10月3日も水色号で愛知県にお邪魔し、MARINE GPという名のラリーに参戦させてもらった。

【関連記事】わずか1000セット限定! デアゴスティーニから1/8スケール「フェラーリ 250 GTOをつくる」が登場

愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら

幅広い年式のクルマが走行できたMARINE GP

 55台がエントリーした当イベントは、街・海・クルマ・船を楽しむことを目的としたラリーで、1975年以前に製造された車両から現代のクルマ(おもにスーパーカー)までという、幅広い年式のクルマが走行した。

【関連記事】わずか1000セット限定! デアゴスティーニから1/8スケール「フェラーリ 250 GTOをつくる」が登場

愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら 昨今のクルマもエントリーしていたので、MARINE GPを紹介する際の枕詞としてヒストリックカーラリーという言葉を敢えて使わなかった。しかし、かつて中部地方と三重県および滋賀県を舞台として開催されていた、ヒストリックカーミーティングの後継イベントであるMARINE GPは、れっきとしたヒストリックカーラリーだといっていい。愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら 以前、ヒストリックカーミーティング実行委員会が実施していたイベントは、名古屋クラシックツアー、ヒストリックカーミーティング、ジャパンクラシックツアーという3タイプ。いずれも『大切な人と共に大切なクルマで旅へ出る』というコンセプトを掲げ、五感を刺激する極上のクルマ旅であった。愛知県で行われたマリンGP画像はこちら

 しかし、ヒストリックカーミーティング実行委員会の事務局長であり、誰よりもクルマ旅の楽しさを知っていた天野正治氏が2018年2月に永眠。突然の訃報であった。筆者も新幹線で名古屋まで赴き、天野氏のお通夜に参列したが、その日以降、名古屋クラシックツアー、ヒストリックカーミーティング、ジャパンクラシックツアーが開催されることはなかった。

故人の遺志を受け継ぎ2020年に向けて動き出した

 しかし、である。天野氏が好きだった“桜”をタイトルとして、故人の遺志を受け継いだイベント“Sakura Rally”が企画され、かつての運営スタッフの有志たちが2020年4月の開催に向けて動き出した。

 結局、2020年のSakura Rallyは新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となり、今年の4月にふたたび行われる予定だったSakura Rallyも、コロナ禍により開催を断念せざるをえなかった。そのような状況のなかで秋のラリーとしてMARINE GPの実施も模索され、去る10月3日に参加者全員が抗原検査を行うといった感染対策を施しつつ、無事開催されたわけである。愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら

 Sakura Rally実行委員会 事務局長の磯部光伸氏によると、今後、春に伊勢志摩方面を走る1泊イベントのSakura Rally、秋に街・海・クルマ・船を楽しむことを目的とした1DayイベントのMARINE GPを開催する方向で考えているという。愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら

 そして、参加しやすいイベントとしてスタートし、次第に競技性や格式を高めていきたい、とも考えているそうだ。開催エリアの地域文化に触れつつ、地域貢献のひとつとしてチャリティ募金を行うことも大切にしており、今回のMARINE GPで集まった募金は常滑市に寄付されるとのことだった。愛知県で行われたマリンGPに参加してきた画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー