「サーカス? 雑技団?」いいえ違います! 女子ジャーナリストが語る「トライアル」の魅力とは (1/2ページ)

「サーカス? 雑技団?」いいえ違います! 女子ジャーナリストが語る「トライアル」の魅力とは

この記事をまとめると

  • 2輪にハマり、生業にしてしまった女子ジャーナリスト
  • ライディング上達の近道として「トライアル」を始める
  • 実際に参加してみて感じた「トライアル」の魅力とは?

もっともリーズナブルにバイクのライディングを磨ける「トライアル」の魅力とは

 私にとっての「トライアル」の魅力は何かと聞かれると、ゆっくり走る競技であること、ライディングの基本がすべて詰まっていること、そしてモータースポーツのなかではかかる費用が比較的リーズナブルであること。この3つが挙げられる。

【関連記事】「オープンカントリーM/T-R」装着のランクルがダカールラリー2022「市販車改造クラス」で9連覇を果たす

女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら そして、それ以前に競技として考えなくてもいい点が、トライアル最大の魅力ではないだろうか。バイク競技のなかではメジャーな「ロードレース」や「モトクロス」などは、決められたコースをどれだけ速く走れるかを競うものである。そのため、例えレースに出て他人と競わなくても、前回の自分が出したベストタイムとの戦いを繰り返すことは必至だ。

 一方で「トライアル」は、目の前にある小さな丸太を超えられただけで、それはもう大成功。子どものころに、自転車で階段を恐る恐る降りてみたときのような、「無邪気な挑戦の延長線上にあるバイク遊び」という感覚で、楽しむことができるのである。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら もちろん、本気で競技として技術を突き詰めているトライアルライダーと呼ばれる人たちもいるが、その領域はまったくの別世界。ただ、バイクに乗ることが好きなだけの私のような一般ライダーから見ると、サーカスや中国雑技団の華麗な演技を見ているような感覚で、趣味で極めようと思えるレベルのものではない。

「トライアル」という競技は、マイナーすぎてあまり知られていないだけで、ライディングを上達させたい初心者には、かなりおススメの練習法なのである。今回は、そんな「トライアル」の魅力を多くの人に伝えようと、埼玉県入間市で「入間トライアルパーク」を運営する、生田目 俊之さん主催の「入間トライアル大会」に参加した。

トライアルってどんなルールなの?

 トライアルの大会は、森のなかに作られたセクションと呼ばれる短いコースをひとりずつ走行し、マシンコントロールの正確さを競う競技である。採点はミスをするごとに加点される方式で、点数は低い方が上位となる。

【関連記事】「オープンカントリーM/T-R」装着のランクルがダカールラリー2022「市販車改造クラス」で9連覇を果たす

女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら ちなみに、セクション走行中に地面に足を着いてしまったり、転倒してしまうと、その回数分加点されるルール。またセクションの通過経路は自由で、スタートから自分の走りやすいラインを選択し、ゴールラインを通過することができれば、そのセクションはクリアとなる。

 さらに、セクション中にはゲートマーカーと呼ばれる、少し難関な経路を通る選択肢も用意されている。そこを通過できればマイナスポイントとなるので、同じセクションでも、ライダーの技量に合わせた走行ラインを選ぶことができるのだ。そのルールも、初心者が楽しめる理由のひとつとなっている。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら

 大会の主催者である生田目さんに、トライアルの魅力について聞いてみたところ、「ほかの競技に比べて乗り手のウエイトが高く、スポーツ性が高いこと。そして、どんなバイクでも、どんな場所でも、工夫次第で遊べること。生涯スポーツとして、楽しめる競技だと思います」と語ってくれた。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら 確かに、こんなに狭い場所で遊べるバイク競技はほかにない。そして、マシンの差よりライダーの技量の差が重要となるバイク競技も、唯一ではないだろうか。

参加者に直撃! トライアルの魅力とは?

 参加者の元木高明さんにトライアルの魅力について伺った。「オートバイを操作するための基本が、すべて詰まっているところだと思います」女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら

「だから、ほんとはすべてのバイク競技は、トライアルから始めればいいと思うんですよ。日本は結構、逆の流れになっていて、私もダート競技を引退してからトライアルを始めたひとりですが、本当は、子どものころにトライアルをやって、そのあと、次の競技にいくのが理想だと思います」女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら トライアルには、バイクに乗るためのすべての基礎が詰まっている。それは、実際にやってみないと理解できないことかもしれない。バイク競技をまったく経験したことのない人が、今日の私の走りを見たら、「一体何をやっているのか」と、理解に苦しむだろう。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら 歩いたほうが速いような速度で、セクション内をトコトコと走り、ゲートマーカー部分などのハードな障害物は避け、できる限り平坦なラインを選んでゴールに向かう。見ている方からすれば、地味で何の面白みも無い光景に映るだろう。

 しかし、そんなもっとも簡単で安全なラインでセクションをクリアするだけでも、体幹やアクセル・ブレーキのコントロール、シビアな荷重移動、そして集中力など、バイクを操るための基礎がすべて詰まっていて、やっているこっちは1本走るだけで汗だく。驚くほどの体力が、消費されているのだ。そして、この感覚が、私のトライアルライフをスタートさせるきっかけとなった。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら

 一方で、実際にトライアルを始めてから、続けるための障壁となったこと。それは、自走では長距離移動ができず、トランポが必須という点だった。シートのないマシン形状や、約4Lという小さなタンク、そして高速に乗ることができない排気量など、一般公道を走るには不便極まりない乗り物なのである。女子ジャーナリストがトライアルに挑戦画像はこちら

画像ギャラリー