クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • あの「ガン黒」名物シェフも着目! メルセデス「Gクラス」に名門ホイールが「しっくりくる」理由とは
CUSTOM
share:

あの「ガン黒」名物シェフも着目! メルセデス「Gクラス」に名門ホイールが「しっくりくる」理由とは

投稿日:

TEXT: only Mercedes編集部  PHOTO: 木村博道/伊倉道男(茂出木シェフ)

  • ロルフハルトゲのホイールを装着したGクラス

  • ロルフハルトゲのホイールを装着したGクラス
  • G63のリヤビュー
  • ホイールのディテール
  • ホイールのアップ
  • たいめいけんの茂出木シェフ

大柄のボディに映えるスタイリッシュなデザイン

 蘇りし名門。カスタムの歴史をひたすら見つめ続けてきた巨人が本格日本上陸を果たし、矢継ぎ早な新作を投入している。ロルフハルトゲのニューフェイスはメルセデスSUV用にデザインされたクロス10スポークだ!

初出:オンリーメルセデス 2021年8月号 Vol.204(※一部加筆修正)

ブラックとシルバーの2色を用意

 テクノロジー、デザイン、コンフォート、ヘルスを融合させた革新のメルセデス・チューナーブランドのロルフハルトゲ。メルセデス・ベンツとマイバッハをベースカーとして、ホイールとエアロユニットを含むコンプリートカーまでもプロデュースする。そして早くも新作ホイールが送り込まれてきた。ラグジュアリーの本質を見抜くロルフハルトゲによるデッサンはクロス10スポークだ。

G63のリヤビュー モダンかつスポーティなフットウェアはX10G RSFとネーミングされ、個性的な10クロススポークデザインは、メルセデスのボディを引き立てるにふさわしいコンケーブデザインを採用。スポーク間にデザインピアスボルトを埋め込み、スポーティネスを訴えかける。セットアップしたG63のパワーを受け止めるテクノロジーはフローフォージドシステムにより、すべてのリム断面を鍛造と同等のリム厚に薄肉化を実現し、軽量化と高剛性を両立させたものだ。

ホイールのディテール

大径化してもハンドリング性能が軽快に!

 この撮影車両のG63のオーナーは、あの三代目たいめいけん・茂出木シェフだ。数々のスーパーカーやスポーツカーを乗り継いできた御仁だが、巻いたタイヤは315/40R21の極太タイヤ。にも関わらず重くなったはずなのに、軽い取り回しに驚いたという。軽量ホイールのメリットの享受こそ、ロルフハルトゲが提唱するスマートラグジュアリーの一端なのだろう。

ホイールのアップ

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS