afimp Style up Car Contest 2021 【第302回 北海道 ガレージナッズ】 (2/2ページ)

VWザ・ビートル

相内 渉サン 46歳(北海道札幌市)

 アウディを購入する予定で販売店を訪れた相内サンでしたが、店員サンにおすすめされたザ・ビートルに一目ぼれをし購入。今年で七年目となりますが純正を生かしたカスタムで個性溢れるスタイルに仕上がっております。ステアリングに施された刺繍は奥様によるハンドメイド!夫婦そろってビートルカスタムを楽しんでいる微笑ましいユーザーさんでした。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

ビートルとオーナーの相内さん画像はこちら

(A)EMU`Sマットカーボン (B)ハルトデザイン (D)純正加工 (E)オリジナル加工 (F)アウディRS加工 (G)アルパイン (H)エルディーネ (J)VWディスク加工(8×18) (K)コンチネンタル(235/45) (N)アイバッハ (O)ブラック加工 (Q)ワンオフサイドデカール ドアミラーピアノブラック仕様 PLUG DRL プロミナLEDフォグ フロントライトカバー テールランプカバー バグスゴーゴー・ナンバー移設キット (R)LEDカーテシランプ (S)PPT2 CPM

マセラティ グラントゥーリズモ

尾崎祥一サン 46歳(北海道札幌市)

 19歳のときからインプフリークだという尾崎サン。ずっと欲しかったというグラントゥーリズモをベースにスタイルアップを行っていますが、見どころはなんといってもスパルタンな160㎜の超深リムホイールをノーマルフェンダーに収めた足回り。マセラティでここまで足回りを作りこんでいるオーナーはなかなかいないでしょう。これでもまだ未完成というから完成が待ち遠しいです。代理で明菜サンでパシャリ。

マセラティとオーナーの尾崎さん画像はこちら

(A)不明 (J)ワーク・マイスターS1R(9.5×20+15:11.5×20-20) (M)Z.S.S (N)MAQS (O)パワークラフト+ワンオフ

VWゴルフR

山仲惇平サン 22歳(北海道札幌市)

 これまであまり興味がなかった輸入車でしたが、たまたまイベントで見かけた7Rに一目ぼれしたのがきっかけでRを購入した山仲サン。あまりガッツリカスタムせずシンプルなスタイルを目指したそうです。スノボーを嗜むのでルーフキャリアを装着していますがVW純正というのも趣があって◎。今後はナンバースムージングや中間ストレートの変更などを行いたいとのことです。

ゴルフRとオーナーの山仲さん画像はこちら

(I)カロ (J)レイズ・ホムラ(8×19) (K)ミシュランPSS(235×35) (M)(N)ザックス (O)レムス (Q)VW純正ドアミラーカバー・ルーフキャリア

アウディTT

乗田鉄也サン 56歳(北海道函館市)

 BBS、レカロ、カロという古参ユーザー垂涎の組み合わせが特徴の乗田TT。排気系、足回り、内外装はRSルックで仕上げ、シフトゲートはワンオフによるリアルカーボン仕上げが素晴らしいです。ひとまずこのTTのスタイルアップはひと段落したので、次は納車予定のRSQ3のカスタムに着手するとのこと。次回開催でのお披露目を楽しみにしています!

TTとオーナーの乗田さん画像はこちら

(D)RS (H)レカロSR7 (I)カロ (J)BBS・RI-A(8.5×18) ポテンザS007A(245/40) (L)(R)ニュウスピード(Rディクセル) (M)(N)KW車高調バージョン3 (O)レムス (P)ニュウスピード (Q)RSフロントグリル・リアウイング ブラックエンブレム カーボンミラーカバー (R)アームレスト付センターコンソール RSエアベント カーボンドアインナーハンドル (S)ニュウスピード・P-FLOkit・吸排気系

アウディTT

見角慈呈サン 47歳(北海道札幌市)

 根っからの8Nファンである見角サンの現愛車はなんと3台目の8N。前回は1.8Lでしたが、やはり物足りなく3.2Lを購入したんだとか。ちなみに今回は今まで所有してきたモデルとは指向変えてスタイルアップにチャレンジ。派手過ぎず地味すぎないレーシーなエアロをはじめ、グノーシスによって色気のある足元も演出しています。リアのシーケンシャルウインカーは自作というからすごい。

TTとオーナーの見角さん画像はこちら

(A)OSIR (B)(C)GTR Sシリーズ (D)不明 (G)カロッツェリア (J)ワーク・グノーシス(8.5×19) (M)(N)ビルシュタイン (O)不明 (Q)ワンオフ・シーケンシャルウインカー

BMWアルピナB3

東 卓人サン 60歳(北海道中央区)

 当日参加をしてくれた東サンの愛車はレアなアルピナB3! 三年前に偶然見かけ思わず購入。積極的にスタイルアップをするというよりはオリジナルの状態を維持しつつ大事に乗っていきたいとのことです。なかなか手に入れることができない希少な車両ですので末永く乗り続けてください!

アルピナB3とオーナーの東さん画像はこちら

(A)(B)(D)アルピナ (K)ミシュランPS4(225/35)

MINIクロスオーバーJCW

須藤 翼サン 40歳(北海道札幌市)

 限定車のブラックナイトをベースにバランスを崩さないようJCWを活かしつつアドバンレーシングやZZ-Rでスポーティさをプラス。マットなボディカラーも相まって唯一無二なスタイルに仕上がっています。洗車が大変というこの限定車ならではの苦労もありますが、とても気に入っているので今後は車内の快適性を向上させつつバランスを崩さないよういじっていくそうな。美菜さんと一緒に。 

ミニ・クロスオーバーJCWとオーナーの須藤さん画像はこちら

(G)カロッツェリア (J)ヨコハマ・アドバンレーシングTC-4(8×18) (K)トーヨーSD-7(225/45) (M)(N)ブリッツ・ダンパーZZ-R (R)Pivotツインメーター

VWゴルフR

ユウキサン 50歳(北海道札幌市)

 ボディコーティング施工を本職としているユウキさんだけに愛車の6Rはかなり艶やかでキレイ! 営業車としての使用がメインなので派手過ぎるスタイルアップはできませんがRの素性を活かした走り方面でのカスタムはバッチリ。スタコン日に完成したというショップオリジナルのフロアマットもスタイリッシュでオシャレです。次回はコンピュータ周りをいじる予定です。

ゴルフRとオーナーのユウキさん画像はこちら

(F)アウディS3 (G)カロッツェリア+フォーカル (I)オリジナル (J)クロイッツァー(8×19) (K)ヨコハマ・アドバンスポーツ(225/35) (L)(C)ブレンボ(R)ブレンボ ディクセル(P)iスウィープ (M)(N)KW車高調DOC (O)アインザッツ (P)スプリント (Q)各部同色ペイント ブルーレンズドアミラー (R)COXフットペダル マニアックスLED ノースモーカーBOX USBポート (S)ニュウスピード・エアクリーナー プラズマダイレクト HKSプラグ DSGブローバイ ブースト計 COXスタビ CPM リジカラ アドバンレーシング・ハブボルト

VWザ・ビートル

岩村政俊サン 58歳(北海道茅部群)

 ビートルの愛らしさを活かしつつ、ハルトデザインや各部ブラック化などを施すことでスパルタンさも併せ持った個性豊かな一台。ブラックテールも引き締まって見えてとてもスタイリッシュな印象を受けました。ちなみにビートルの老舗ペイトンとの交流も多いそうで、ペイトンのデモカーとしても公認されているとか。恵美子サンと一緒に。

ビートルとオーナーの岩村さん画像はこちら

(A)(B)ハルトデザイン (D)DUNEリアスポイラー (G)カロッツェリア (J)SSR(18インチ) (K)ヨコハマ(235/45) (M)(N)KW車高調 (O)レムス (Q)ワンオフボンネット ブルーミラー 各部フィルム加工 モールブラック化 (R)ハンドルカバー ドアパネル塗装

VWゴルフ ヴァリアント

山田純平サン 31歳(北海道札幌市)

 お子さんが生まれるということでS3から荷物が詰めるヴァリアントをチョイス。少しだけ車高を下げつつマフラーやホイールを変更してさりげなくオシャレをアピールしつつ快適性を持ち合わせたファミリーカーに仕上げました。当初はダウンサスでしたが、雪のことも考え車高調に変更したのも北海道ならではの小話。次はトゥーランに乗り換えるかも…?

VWゴルフ ヴァリアントとオーナーの山田さん画像はこちら

(A)マクストンデザイン (J)エアストGS15R(8.5×19) (K)ハンコック(235/35) (M)(N)ビルシュタイン (O)レゾネーターデリート+エムズエンジニアリング (Q)ヘッドライト&テールスモーク化 (R)Pivot

ポルシェ ケイマンS

杉田靖之サン 38歳(北海道江別市)

 ケイマンの王道カスタムではなく、あえて純ペタでルーフBOXというオリジナルスタイルを貫いている杉田サン。ホイールには個性的なロティNUEを選び、エアロを付けずにワンオフ車高で限界まで下げたスタイルが男気たっぷり。そこへルーフBOXを組み合わせることでカジュアルさが増してとてもスタイリッシュです。シンプルゆえにケイマンの素性の良さが出た秀逸な作品。

ケイマンとオーナーの杉田さん画像はこちら

(E)ATC (H)edirb (J)ロティフォームNUE(9.5×18) (M)(N)TWO7スペシャル (O)オリジナル (Q)スーリー・ルーフBOX

アウディS3

西谷真宏サン 52歳(北海道北斗市)

 自分でできることは自分でやるをモットーに、小物をふんだんに使用してオリジナル感を高めた西谷S3。白いボディに生えるカーボンエアロやレーシーさを際立たせるホムラ、各部に施されたレッドのアクセントなどトータルでバランスの取れたスタイルが美しさすら感じさせてくれる仕上がり。一通りカスタムを終えたので次はAPRのステージ1の導入を予定しているそうです。

S3とオーナーの西谷さん画像はこちら

(A)(B)(C)(D)不明 (H)レカロRS-G ASMリミテッド (J)レイズ・ホムラ(8.5×20) (K)ニットーNT555G2(235/30) (M)(N)ビルシュタイン (O)Freiheit美響マフラー (Q)リアブラックエンブレム ガルーダ・ブルーミラー ブラックドアミラーカバー モールブラックアウト (R)サンキューホーンユニット レッドフットランプ フォーリングカーテシランプ エアベントアウトリングカバー (S)ニュウスピードP-Floエアインテークキット

アウディRS3

坂口雄彦サン 60歳(北海道札幌市)

 RS3が人生初の輸入車という坂口サン。実際に乗ってみるとやはりドイツ車は走りがいいとのことでご満足いただけたご様子。とても気に入ったついでに人生初のラッピングを敢行。グリルやドアミラー、サイドウィンドウ周りに施すことでスタイルにアクセントが出てますね。各エンブレムをブラックにしているのも技ありです。新車保障が切れたらREVチューニングをするそうですが、ご安全にドライブを楽しんでください!

RS3とオーナーの坂口さん画像はこちら

(J)ニュウスピードRSe10(8.5×18) (K)ピレリ・ドラゴンスポーツ(235/35) (N)KW (Q)各部マットブラックラッピング ブラックエンブレム (S)グループMラムエアシステム DTEスロコン

ガレージナッズ

ショップスタッフのみなさん画像はこちら

 札幌ICから約20分、県道128号沿いに拠点を構える欧州車のプロショップ。カーライフをサポートしてくれる点検整備やメンテナンスはもとより、車両のコンディションを保つオリジナルのガラスコーティングも用意する。カスタムに関しては、イシカワエンジニアリングが取り扱う「iSWEEP」や「NEUSPEED」、ミニの「NMエンジニアリング」も揃う。東代表はVW・アウディのディーラーメカニックを経て、イシカワエンジニアリングにてメカニック兼販売スタッフとして経験を積む。メカニック歴としてはVW・アウディを専門に約20年間も携わっているので安心して愛車を預けることができるのが心強い。

北海道札幌市北区屯田7条5-2-8
TEL.011-299-9791
営業 10:00~18:30
毎週水曜、第2・第4木曜休
http://www.nazds.jp