元・書店をリノベして羨ましすぎる「ガレージライフ」を実現! サラリーマンだけど「地方移住」して人生変わった (1/3ページ)

元・書店をリノベして羨ましすぎる「ガレージライフ」を実現! サラリーマンだけど「地方移住」して人生変わった

都心まで電車で1時間、のどかで暮らしやすい「エリア8.5」

 リモートワークが定着した昨今、「地方移住」する人が増えているのはご存じのとおり。そんななかでも、神奈川県のいわゆる「湘南」エリアより少し西、東海道でいう大磯~小田原の間を「エリア8.5(ハッテンゴ)」と呼んで盛り上げようという動きがある。

 東京や横浜といった都会まで比較的アクセスしやすく、それでいて不動産の相場は段違いに安くて暮らしやすい「エリア8.5」に、コロナ禍のずっと前に移り住み、趣味の「ガレージライフ」を満喫しているオーナーのライフスタイルをご紹介しよう。

商店街の店舗跡をガレージハウスにリノベーション

 なぜ東海道の「二宮」から「国府津」までの地域を「エリア8.5」と称するのかといえば、歌川広重の「東海道五十三次」で8番目の「大磯」と9番目の「小田原」の間にあるから。

 電車で品川駅まで片道1時間程度。しかも大磯駅より西だと、上り電車にほぼ確実に座ることができるため、心身のストレスを考慮すると都心への通勤はじつは「ラク」。しかも「湘南」エリアは人気で不動産の相場もまだまだ高めだが、ちょっと不動産情報を調べてみれば、大磯より西で不動産相場の「断層」があることがわかるはずだ。

 これといって有名な名物・名所こそないものの、適度に「のどか」で暮らしやすいのが「エリア8.5」なのである。

 そんな「エリア8.5」に属するJR二宮駅の近くの商店街は、昔ながらの酒屋さんや床屋さんが並んでいる一方、店舗の半分はシャッターが閉まっている状態。そんな商店街の真ん中の、かつて書店だった3階建ての家に移住してきたのが、ここでご紹介する江戸 理(えど おさむ)さんだ。

【関連記事】三菱の「サターン(土星)」エンジンって? 「オリオン」や「ネプチューン」のネーミングは戦闘機エンジン「金星」「火星」にルーツがありました

二宮駅近くの商店街に建つ江戸さんガレージハウス画像はこちら

 クルマ趣味人にとって、愛車を風雨から守れる屋根付き&シャッター付きのガレージを確保できるかどうかは切実な問題だ。

 江戸さんは学生時代から多くのクルマを乗り継いだ末、イギリスのライトウェイト・オープンスポーツの雄、「ケータハム・スーパーセブン」に開眼し、2001年に「スーパーセブン40thアニバーサリー」を購入。ドアもなければ窓もなく、申し訳程度に幌はある、純然たる「趣味車」の「セブン」を中心にしたカーライフを送ってきた。

1999年式ケータハム・スーパーセブン画像はこちら

 勤め先が品川にあり、以前は都内や横浜に住んでいたそうだが、手ごろな賃貸ガレージハウス物件を見つけて、ここ二宮の地に移住してきた。そこは1階にクルマ2台を縦置きできるテラスハウスで、セブンのほかに、「ランチア・デルタHFインテグラーレEvo2」や「プジョー106 S16」、「ルノー5(サンク)GTターボ」なども所有し、ディープなクルマ趣味道をまい進する。そうするうちに奥さんと出会い、今度は家族で暮らすことのできるガレージハウスを検討することになったわけだ。

書店跡をリノベーションしてガレージに画像はこちら