「ポルシェ911ターボ」をEV化しちゃうってマジ? エコとエゴがごった煮の「世界最大の改造ショー」がハンパなかった (1/2ページ)

noteで書く
「ポルシェ911ターボ」をEV化しちゃうってマジ? エコとエゴがごった煮の「世界最大の改造ショー」がハンパなかった

この記事をまとめると

  • 大手メーカーによるクラシックカーのパーツの復刻の動きが盛ん
  • 最新EVにも旧車へのリスペクトを盛りこむのがアメリカらしい
  • クラシックカーをEVコンバートするメニューの提案も多彩

世界最大級のカスタムカーショー、すべてを見るには最低でも3日必要

 今年も11月2日から、アメリカ・ラスベガスで「SEMAショー」が開催された。さっそく現地に乗り込み、事前に申し込んでおいたパスを受け取ろうにも、会場が巨大すぎて、なかなか受付に辿り着けない。

 それもそのはずで、会場となる「ラスベガス・コンベンション・センター」は、新たに巨大な西館が完成したことで、その広さは460万平方フィート(約42.7万平米)に達した。ざっとではあるが、東京ドーム(建築面積)の約9個分、幕張メッセ(全敷地面積)の約2倍強という広さになったのだ。

 必死の思いで受付を済ませて体勢を立て直す。まずはどんな展示があるのか確認しようと、会場全体を俯瞰するように歩き回ったのだが、それだけでもゆうに2万歩。距離にすると15kmを軽く超えた計算になる。出発前に現地をよく知る仲間から「丁寧に見るのなら3日は必要ですよ」と言われたのは本当だった。

【関連記事】普通のスポーツタイヤじゃない! Sタイヤでもない! サーキット派御用達の「レーシングラジアル」って何モノ?

ラスベガス・コンベンション・センターは西館が加わってさらに広大に画像はこちら

6つのカテゴリーの共演は見ごたえたっぷり

 世界の三大カスタムカーショーのひとつと言われる「SEMAショー」なので、カスタムカー中心の展示が多いのだろうと思っていた。だが、実際には新旧織り交ぜた展示となっており、アメリカのクルマ社会の多様性を反映している。

 今回の「SEMAショー」は、大きく6つのジャンルに大別されるだろう。まずは、「SEMAショー」の本来の姿であろうアメリカン・マッスル系、次にいまだ人気の高いドリフト・チューニング系、そして世界的な流れでもあるEV系。ここは個人的に興味のあるクラッシック&リビルト系、さらには、アメリカン・ライフを象徴するSUV&アウトドア系と、カーケア&ツール系だ。

 それでは個々の写真を観ながら、今年の「SEMA」のいくつかのハイライトを紹介しよう。

【関連記事】普通のスポーツタイヤじゃない! Sタイヤでもない! サーキット派御用達の「レーシングラジアル」って何モノ?

SEMAショー全てを見て回るには3日必要画像はこちら

メーカーによるパーツ供給が盛んなアメリカン・マッスル系

 ショーのメインストリームである、アメリカンV8エンジンを搭載するマッスルカー向けチューニング関連も、定番から新作まで幅広く紹介され、そのバリエーションも豊富だ。

 とくに驚いたのはメーカー系の提案で、シボレーは、「The Big-Block is Back!」というキャッチフレーズのもと、クラシックV8関連の完全復刻&再発売を行うようだ。しかもこれらには、今の時代に欠かせない環境対策と高性能を両立させている。エンジンだけでなく、トランスミッション、足まわりなどもすべて「Performance Series」として、ふたたび販売するというのだから羨ましい。

シボレーはクラシックV8エンジンの完全復刻と再発売画像はこちら

 さらに、傍らに展示されていた1988年製の「シボレー・カマロZZ632 HONIGAN CONCEPT」なるコンセプトカーには、「新開発」して来年から単体で供給スタートする同社製のV8「ZZ632/1000」エンジンを搭載。このV8エンジン、このご時世に排気量は驚きの10.35Lで、出力はなんと1004ps/1188N・m! というのだから開いた口が塞がらない。

 このほかにもフォードでは、マスタングとギャラクシー500をメインに、ジープも同様にレストア&パフォーマンス・パーツなど、各社それぞれのヘリテージに対する敬愛とアピールに余念がなかった。いやはや、アメ車の未来は恐ろしいほど安泰だ。

フォードもクラシックカーのレストア&パフォーマンスパーツをアピール画像はこちら

「EV化」にもヘリテージを尊重するアメリカ流、旧車コンバートの提案も多彩

「SEMAショー」でもEV関連の出展が目立ったのは時代の流れか。もっともアメリカはEVに関してはパーツなどをはじめ先進国で、根底にあるDIY文化も奏功して、メーカー以外のチューナー系も魅力的なEVを提案をしていた。

 フォードは、昨年発表した「マスタング・マッハE GTパフォーマンスエディション」のユニットを流用した1978年型のピックアップトラック「F-100」のEVコンバート仕様。さらに、来年発売予定のフルEV「F-150ライトニング」、そして、「シェルビー・マスタング・マッハE GTコンセプト」など多彩なEVラインアップを披露した。

 ジープは未来のガソリン・スタンドならぬ給電スタンド(屋根にソーラーパネルが載っている)に、PHEVとフルEV仕様のジープを展示していた。

フォードの最新EVはヘリテージカーへのオマージュに満ちている画像はこちら

 一方、チューナー系はふたつの方向性があって、ひとつは旧車のEVコンバート。もうひとつは、新しいEVメーカー&システム系の提案だ。

 前者に該当する「ウェル・モーターワークス」の提案はユニークで、V8やV12など本来のエンジンに似せたケースのなかにEVユニットを収めようという、洒落の効いたドレスアップ型の提案をしていた。パッと見ではEVと気づかないその出来は見事だった。また、旧車をターゲットにしたEVコンバートの多くが、トランスミッションをそのまま活かしたファン・トゥ・ドライブ志向だったのは、クルマ好きにとっては歓迎すべき点ではないだろうか。

 さらに後者の新しいEVメーカー&システム系もユニークで、フランスから出展していた「Ve Zero」社は、オープンホイール型のEVを提案。すでに自社のスイス工場で2万台以上を製造、世界中に販売しているという。

 また、システム系では、「エレクトリックGT」社の格好いいデザインのEVユニットが目を引いた。題材にした空冷ポルシェへのオマージュだろうか、ユニットに「フラット6」エンジンのようなエアフィンをあしらうなど、EVでも遊び心を忘れてないよ、というメッセージだと受け取った。

 そのほかのメーカーもEVコンバート用のベース・システムやチューニング・システムなど、汎用性の高い独自技術を披露。今後の楽しいEVの可能性をアピールしていたのが印象的だった。

EVユニットにクラシック・エンジン風のデザインをするのがトレンドに?画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー