え、セダンだけじゃなかったの? マニアでも忘れがちな「派生クーペ」4選 (1/2ページ)

え、セダンだけじゃなかったの? マニアでも忘れがちな「派生クーペ」4選

この記事をまとめると

  • かつて国産セダンは派生車種としてクーペをラインアップしていた
  • なかでも「そんなのあったっけ?」と忘れがちなモデルを紹介
  • 今や中古車市場でも見かけないどマイナーなクーペも

意外と知らない派生車種のクーペ

 1980年代から1990年代、各メーカーは多くのクーペをラインアップしていました。現在でも人気の高いモデルも多く存在したこの年代のクーペたちですが、派生車種として登場したクーペのなかには意外と存在が知られていないモデルもあります。今回はそんな「えっ! あのシリーズにクーペがあったの?」と思わせるクーペたちをご紹介。

トヨタ・コロナクーペ

 1985年にコロナファミリーの一員として登場したのがコロナクーペ。コロナの名を冠してはいるものの、中身は同時期に販売されていたセリカと共通する部分が多く、セリカの姉妹車とされています。セリカがファストバッククーペだったのに対して、コロナはノッチバックを採用。同時期に販売されていたAE86の2ドアと3ドアと同じような棲み分けとなっていました。

【関連記事】世界を席巻した「セリカGT-FOUR」! スバル、三菱を下してWRCを制覇した「トヨタ・チーム・ヨーロッパ」栄光の軌跡

トヨタ•コロナクーペ画像はこちら

 しかし、セリカがモータースポーツシーンで活躍する一方、姉妹車であるコロナクーペは特段目立った活躍はありませんでした。コロナという名前がそれまでのファミリーセダンなイメージを与えてしまったのか、1代限りでラインアップから消えています。

トヨタ・セプタークーペ

 北米市場で販売していたカムリの日本仕様車として、1992年から日本市場での販売が開始されたセプター。まずはじめにステーションワゴン、続いてセダンと販売を開始し、セプターファミリーで最後に登場したのがこのクーペでした。トヨタ・セプタークーペの外観画像はこちら

 アメリカ生まれのこのクーペ、全長は4780mmというなかなかのビッグサイズで、後席もゆったりとした空間を確保。上級グレードには本革シートが用意され、スーパーライブサウンドシステムが標準装備となっているなど、スペシャリティカーとしての実力は十分に秘めていました。しかし、エクステリアデザインがセダンに近かったためか、あまりヒットせず。トヨタ・セプタークーペの外観画像はこちら

 そのほかのセプターファミリーも不発に終わってしまい、約4年という短い期間で日本市場からその名を消してしまいました。

画像ギャラリー