クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • かわいい「パンダ」の群れが「サハラ砂漠」を大爆走! 世界一ムチャで過激な旧車ラリー
CLASSIC
share:

かわいい「パンダ」の群れが「サハラ砂漠」を大爆走! 世界一ムチャで過激な旧車ラリー

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 竹内耕太 PHOTO: Panda Raid/Fiat/Seat

  • 1980年から2003年まで生産された初代フィアット・パンダ
  • スペインのセアトがライセンス生産した「セアト・マルベーリャ」
  • パンダ・レイド2021は総走行距離およそ1800km
  • 南仏セートの港からフェリーでモロッコへ
  • パンダ・レイド2021は約100台が参加
  • ステージ0は湖畔で車検してから1泊
  • 野営はシンプルなポップアップ式テント
  • ステージ1は谷間をぬけて南下
  • ステージ2では砂地が多くなってくる
  • ラクダの群れの中をパンダたちが駆け抜ける
  • スタックしたら通りすがりの参加者たちが手を貸す
  • 観光地「メルズーガ」を出発
  • 60kmひたすら真っ直ぐなセクションも
  • ステージ5は様々な「砂漠」がミックスしたコース
  • 最終ステージは「ワルザザート」へ向けてラストスパート
  • ゴール地点では参加者みんな感きわまっていた
  • コロナ禍が落ち着いたら「パンダ・レイド」に参加してみては?

初代「フィアット・パンダ」のポテンシャルを「ラリーレイド」で解放!

 大自然の道なき道をひた走るモータースポーツ「ラリーレイド」というと「ダカールラリー」や「バハ1000」などが有名で、「パジェロ」に代表される本格的なオフロード車のイメージが強いだろう。

 ところが40年以上も前に設計された初代「フィアット・パンダ」で、サハラ砂漠を1週間近く走り抜けるという、誰も考えてもムチャクチャなイベントがある。懲りずに(?)今年で12回目が開催された「パンダ・レイド」だ。スペインのパンダ愛好家たちが企画して、ジブラルタル海峡を渡ったモロッコをステージとしているのだ。

名匠ジウジアーロが生み出したコンパクトカーの傑作「パンダ」

 イタリアのコンパクトカーの名作「ヌォーヴァ500」で知られるフィアットが、1970年代末、次世代の小型ベーシックカーとして企画したのが初代「パンダ」。イタルデザインの名匠ジョルジェット・ジウジアーロが設計したハッチバックカーで、1979年に発表、1980年から生産を開始した。

 最小限のパーツで構成したシンプルきわまる構造でありながら実用性と機能性を両立し、コスパよし、デザインよしで大ヒット。細かな改良を加えながら、2003年まで生産されるロングセラーとなった。

 フロントエンジン・フロント駆動のFF車が基本だったが、1983年には4輪駆動の「パンダ4×4」も追加。とはいえエンジンのパワーは、最初期型が650cc水平対向2気筒の30psと900cc直列4気筒45psで、以降、搭載エンジンはいろいろ変わるも、もっともハイパワーな仕様で1100cc直4「FIRE」エンジンの54ps。それでも車両重量が750kg~800kgと軽量なため、キビキビした走りを楽しめる。

1980年から2003年まで生産された初代フィアット・パンダ

 また、スペインの自動車メーカー「セアト」は1980年までフィアットと提携していたため、現地で「セアト・パンダ」としてライセンス生産を開始した。その後セアトはフィアットとの縁が切れてフォルクスワーゲンと提携することになり、1986年からは「パンダ」ではなく「セアト・マルベーリャ」と名前を変え、フロントフェイスも少し変えて、1998年まで製造されていた。

 こういった縁もあって、スペインでは「パンダ」のファンが多いというわけだ。

スペインのセアトがライセンス生産した「セアト・マルベーリャ」

コロナ禍につき今年は南仏からフェリーでモロッコへ

 スペインのパンダファンたちが2009年から開催している「パンダ・レイド」は、例年は春の開催である。まず最初にマドリードで集合してから陸路を南下し、フェリーでモロッコ北岸へ渡るのが通例だった。

 しかし世界的なコロナ禍の影響で、2020年は中止となり、今年2021年は10月末の開催となった。さらにスペインとモロッコをつなぐフェリーはコロナ禍の関係で運航停止中のため、南フランスのセートの港からフェリーに乗って、モロッコ北岸「ナドール」まで渡る行程だ。

 そのため、前回は400台近いパンダがエントリーしていたが、今年は約100台にとどまっている。といっても、このご時世でアツいパンダ馬鹿(誉め言葉)がよくぞここまで集まった、といえるだろう。

南仏セートの港からフェリーでモロッコへ

Wi-Fiなし、GPSなし! 1週間でモロッコ約1800kmを走る

 エントリー可能なモデルは、「フィアット/セアト・パンダ」、「セアト・マルベーリャ」、それに4WDの「フィアット・パンダ4×4」で、2003年までの「初代パンダ」ファミリー。

 欧州ではパンダの中古車は300ユーロ(3万8400円/11月28日のレートである1ユーロ128円で計算。以下同)から1300ユーロ(16万6400円)程度で買うことができ、「4×4」だけ少し高い。「パンダ・レイド」の競技レギュレーションはきわめて大らかで、FFでも4WDでもいいし、無改造のノーマル仕様でもOK。ホイールは13インチ限定だが、それ以外は、エンジンチューンしようがロールバーを付けようが、公道走行可能な「ストリート・リーガル」であれば、なんでも自由だ!

 エントリーフィーは1チーム(1台)あたり2450ユーロ(31万3600円)で、雑費や付随費用を加えても3000ユーロ(38万4000円)程度で収まる。時間と気合いさえあれば、参加への敷居はかなり低いのだ。

パンダ・レイド2021は約100台が参加

 スペインを中心に、フランス、イタリアなどヨーロッパ各地から集まった「パンダ・レイド」の参加者は、モロッコ北岸のナドールに上陸してから6泊7日の日程で、モロッコ東部、アルジェリアとの国境寄りのサハラ砂漠エリアを中心にして、総計およそ1800kmを走ることになる。

 これでも今年はコロナ禍での短縮バージョンで、モロッコ中西部の「ワルザザート」がゴールとなっている。例年だとスペイン国内での移動と、さらにワルザザートからマラケシュまでもコースに含まれていて、総計3000kmに及ぶことになるのだから……。

「文明を離れて、シンプルなパンダでアドベンチャーを!」との趣旨により、GPSやWi-Fiは使わないで、「コマ図」と地図とコンパスだけを頼りに、ラリーは展開されていく。

パンダ・レイド2021は総走行距離およそ1800km

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS