「75歳以上の高齢者」だけが悪者なのか?「運転技能検査」実施で本当に事故は減らせるのか (2/2ページ)

「サポカー」の限定免許の申請もある

 また、今回の改正にあわせて安全運転サポート車(サポカー)のみが運転できる限定免許の創設が予定されている。サポカー限定免許は、従来の運転免許保持者が申請することで免許の切り替えも可能にするものだ。

【関連記事】近所のお買い物だけなら文句ナシ! 高齢者こそ手軽に乗れる軽EVがオススメな理由とは

ブレーキ操作を補助するなどの「サポカー」限定の免許画像はこちら

  なぜ、このような限定免許が生まれたかというと、運転には不安があるものの、生活には運転が不可欠という環境の人への対処だという。現実的には、高齢者の家族がその免許に切り替えてほしいということだろう。

 運転をきちんとできない人の免許を停止、取消するのは当たり前のことだが、それを高齢者に限っていることに若干の問題を感じる。高齢者のテストだけではなく、信号無視を繰り返す人なども同様にテストを行うべきだと私は思う。

画像ギャラリー