クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 冬用ガスボンベじゃないと着火しないぞ! 冬キャンプで見落としがちな「防寒対策」とは
OUTDOOR
share:

冬用ガスボンベじゃないと着火しないぞ! 冬キャンプで見落としがちな「防寒対策」とは

投稿日:

TEXT: 猪狩清十郎 PHOTO: 写真AC/オウルテック/猪狩清十郎

マイナス10℃対応を目安にしっかりとした防寒を準備する

 冬キャンプのいちばんのポイントは防寒対策です。震えるような寒さにはとても耐えられませんし、暖がとれないと眠ることもできません。マイナス10℃程度の気温は真冬のキャンプ場なら当たり前のように下がりますので、マイナス10℃に対応することをひとつの目安にしておけばいいでしょう。ただし、これはあくまで平地での冬季キャンプの話で、東北地方や降雪地帯、1000m以上の高地はまた別の防寒対策が必要です。断熱マット、シュラフ

 冬キャンプのポイントは夜間の冷え対策ですが、簡単で有効な方法は「重ねる」こと。ウエアもパーカーの下にセーターなどを重ねることで、簡単に耐寒性を高めることができます。ズボン下に股引などのインナーウエアを1枚追加するだけでも、劇的に暖かくなります。下からの冷気を遮断するマット

 寝袋も同様で、テント内の冷えはおもに地面からの底冷えですので保温シート、ブランケット、エアマットなどで断熱し、寝袋もシュラフカバーを併用してレイヤーを重ねることで暖かさをキープします。

ストーブの使用で気をつけたい強風によるテント倒壊時のリスク

 外からストーブなどの器具によって暖を得る方法もありますが、テントのなかは基本的に火気厳禁を原則としてください。火災や一酸化炭素中毒は命を落とすリスクがあります。照明もLEDなど火を使わないバッテリー式を使用してください。LEDランプ

 薪ストーブをインストールするには耐火性の高い大型テントを使用する必要があり、山岳ベースキャンプ用など特別に耐風性能を高めたテントを除き、大型であるほど強風で倒壊しやすくなります。薪ストーブ

 また倒壊しなくても排気の逆流によるガスの充満など、危険な状況に陥ります。石油ストーブは比較的簡便ですが、強風時にはテント倒壊に備えて消火するなど安全優先の判断が必要ですし、小型テントでの使用は危険です。冬キャンプでのストーブの使用には、対応した装備とともにノウハウや十分な準備が必要ですのでビギナーがトライするのはおすすめできません。

冬キャンプは安全第一! 火気を電気に変えてみる

 近年、アウトドアで使用できる大容量ポータブル電源が普及し、電気カーペットや電気ブランケットで暖を取る人も増えているようです。リスクのある火気に変えて、冬季は電源サイトかポータブル電源を活用するのもおすすめです。電気毛布の消費電力は40W程度ですので、400Whほどの充電容量があればひと晩使用できます。災害時にも活用できますので、1台入手して冬キャンブに使用するのもありでしょう。ポータブル電源

 夏場にはポータブル冷蔵庫の電源としても使用可能ですし、ソーラーパネルからの充電に対応した機種もありますので、エコシステムに関心のある方はポータブル電源とソーラーをキャンプに持ち込んでみるのも拡がりがありそうです。ソーラーパネル充電器機

 1泊キャンブでは出番はないかもしれませんが、2泊以上のキャンプなら日中にパネルに日向ぼっこをさせながらソーラーで充電することも可能です。発電容量にもよりますが、快晴なら冬季の太陽でも1日で十分に充電できるようです。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS