クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • キャンプでよく聞く「ランタン」って何? 初心者に「LED&蛍光灯タイプ」をオススメする理由とは
OUTDOOR
share:

キャンプでよく聞く「ランタン」って何? 初心者に「LED&蛍光灯タイプ」をオススメする理由とは

投稿日:

TEXT: 並木政孝 PHOTO: Auto Messe Web編集部/写真AC

  • LEDランタン
  • 夜キャンプ(イルミネーション)
  • ガスランタン
  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • ガソリンランタン(ポンンピング)
  • ガソリンランタン
  • 夜間のキャンプ
  • LEDランタン
  • オイルランタン
  • ガソリンランタン
  • ガスランタン
  • LEDランタン(テント)
  • ハリケーンランタン
  • 夜キャンプ(イルミネーション)

さまざまなタイプがあるからこそ知っておきたい「ランタン選び」の基礎知識

 キャンプではテントや焚き火台に注目しがちだが、名バイプレイヤー的なアイテムとして用意しておくべき存在が「ランタン」である。明るいうちの日帰りキャンプでは出番がないが、夜をまたぐテント泊、車中泊では大きな味方になってくれるはず。ランタンが照明器具であることは周知の事実だが、その実用性だけでなく「雰囲気」を盛り上げてくれる重要な存在として、使用する目的や場所によって使い分けるのが賢い方法となる。ガソリンランタン

 一般的にランタンは「LED/蛍光灯ランタン」、カートリッジ式のLPガスを使う「ガスランタン」、灯油やパラフィンオイルなどを燃焼させる「オイルランタン」、ホワイトガソリンを使用する「ガソリンランタン」の4つに分けられる。ここでは燃料別にカテゴライズされるランタンについて解説しその魅力に迫ってみよう。

初心者におすすめ! 「LED&蛍光灯ランタン」

 最初に紹介するのが「LED/蛍光灯ランタン」だ。その名の通り光源にLEDや蛍光灯を使用するもので、おもに乾電池やUSB充電式バッテリーを使用する。最近では蛍光灯に代わり明るく省電力のLEDが主流になっている。LEDは光の波長に紫外線を含まないことから、虫が集まりにくい性質があり、アウトドアでのテーブル照明として活用するキャンパーが急増中だ。LEDランタン

 電源は電池または内蔵されたバッテリーに充電するだけの手軽さで、使用後のメンテナンスが不要のため初心者用ランタンとしても人気が高い。USBポートを備えたモデルはスマホへの充電機能を持ち、情報化時代にマッチした利便性を兼ね備えている。LEDランタン(テント)

 LEDや蛍光灯のランタンは使用時に一酸化炭素を発生せず、光源が熱を持たないこともあり小さな子どもとのキャンプやテント内での照明器具としても最適だ。ほかのランタンとは違いポンピングや点火作業を必要としないため、スイッチを入れるだけで簡単に使えるのも大きな魅力。価格はさまざまで、最近では100円ショップやホームセンターでも販売されている。

燃料の汎用性が高く手軽に使える「ガスランタン」

 燃料として家庭用のカセットコンロにも使用されるCB缶や、アウトドア用品専用のOD缶などのLPガスを燃料とする「ガスランタン」は、その手軽さもあり初心者から上級者まで幅の広いキャンパーに愛されている。ガスランタン

 使用方法は光源となる本体とカートリッジ式のガス缶を接続するだけで組み立ては終了。ワンタッチ式の着火装置を備えている機種が多く、電子ライターを使う要領で点火することができるので利便性も高い。ガソリンランタンのようにマントルを装備する手間も掛からず、運搬中の衝撃にも強いのも大きな魅力だ。ガスランタン

 また、LEDランタンよりも光量が大きいのが特徴だが、ガスを燃焼させるため密閉されたテント内で使用し続けることはできない。利点としてはバーナーやストーブなどを同じタイプのガス缶を使用するギアを揃えることで、荷物が減らせるのは大きなメリットになる。本体の価格は5000円前後が主流となり、燃料となるガス缶は500gのOD缶が1000円前後、250gのCB缶が100円から200円程度で市販されている。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS