そもそもレストアって何?「やろうと思えば手は抜き放題です」意外とダークな「実情」とは (1/2ページ)

そもそもレストアって何?「やろうと思えば手は抜き放題です」意外とダークな「実情」とは

レストアとは限りなく新車に近づけることを言う

 旧車がブームになって、レストア済みやフルレストア、さらにはセミレストアなど、レストアという言葉も同時に注目されるようになってきた。旧車をきれいにするのがレストアという定義で、みなさんもなんとなくそう思っているだろう。レストアという言葉の意味は「元に戻す」で、レストランも語源は同じで「減ったお腹を元に戻す」といった意味が込められている。

 簡単に使ったり、よく耳にするだけに、具体的になにをするのがレストアなのか、わからなくなっているのもまた事実だ。基本的には新車に戻すというのがレストアで、実際には完全に元には戻せないものの、それに限りない状態にまで近づける行為といっていいだろう。

【関連記事】1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?

フルレストアとは画像はこちら

新品部品は高くても可能な限り入手してケチらずに使用

 具体的にはボディであれば、腐ったりサビた部分は切り貼りするなどして除去。塗装も無理して問題のない塗膜を剥がすことはないものの、ドンガラにしてすべて塗り直す。エンジンも機能の回復はもちろん、見た目も全部きれいにしたり、足まわりであればブッシュ類も全交換だ。

【関連記事】1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?

フルレストアとは画像はこちら

 そのほか窓まわりのゴム類も交換。内装もシートは表皮だけでなく、内部のスプリングなどもすべてやり直して、ドアの内張り、天井なども張り替える。新品部品がなければ、付いているものや中古品を全バラにして、オーバーホールしたりするのは当たり前で、メッキももちろん再処理して新品同様にする。もちろん新品に勝るものはないので、高くても可能な限り入手してケチらずに使用する。フルレストアとは画像はこちら