クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • そもそもレストアって何?「やろうと思えば手は抜き放題です」意外とダークな「実情」とは
CLASSIC
share:

そもそもレストアって何?「やろうと思えば手は抜き放題です」意外とダークな「実情」とは

投稿日:

TEXT: 近藤暁史 PHOTO: Ferrari/Lamborghini/BMW

ネジ1本まですべて手を加えるというのがフルレストア

 部品を変えて動くようにして、見た目をきれいにしてレストアと呼ぶことが最近は多いが、それは修理ついでに磨いてあげた程度のものでレストアではない。ネジ1本まですべて手を加えるというのがフルレストアであり、本来のレストアである。実際は目に見えるところやボディだけ(ボディレストア)でもレストアと呼ぶし、セミレストアという言葉もまかり通ることになる。元に戻すのがレストアなのに、セミというのは本来成り立たないはずだ。

 ここに旧車での誤解というかトラブルの種がある。そもそも、フルレストアを行ったらいくらになるのか? 女優の伊藤かずえさんのシーマはまさにフルレストアの典型だが、専任が付ききっきりで8カ月かかって仕上げている。パーツや材料はもとより、工賃はいくらになるのか?? 時間給1万円だとしてもざっと1000万円以上はかかってしまう計算になる。

 そんなに払えないのは当然で、そこで費用の交渉となると、結局はやらないところや交換しない部分が出てくる。細かく打ち合わせた上で、どことどこをどうやるかを決めてあればいいが、普通はそんなことはせず、いくらでボディまわりだけを仕上げてもらってといった感じだろう。仕事なので当たり前とはいえ、依頼するほうはピカピカになって、問題も解消されていると考えがち。この差がトラブルにつながることもある。

 また、レストア済みを掲げる中古車の価格を見てほしい。時間工賃で考えていくと、到底レストアがされているとは思えないこともある。もちろん前オーナーが仕上げて、それを買い取ったものかもしれないので、きちんと説明してもらったうえで納得できればいいし、その店が仕上げたという場合は作業内容や交換部品を説明してもらってから買うようにしたい。

 よくある、レストア済みというので買ったら中はボロボロだったというのは、店が当然悪いが、安易に飛びついてしまったほうも悪い。すべての店に当てはまるわけではないのだが、そもそもレストアはやろうと思えば手は抜き放題だし、他人のために丹精込めて作業してくれているかということまでよく考えてほしい。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS