お金はないけど愛車をカッコ良くする秘策とは? プロが勧める「純正パーツ流用術」4つの知恵 (1/2ページ)

お金はないけど愛車をカッコ良くする秘策とは? プロが勧める「純正パーツ流用術」4つの知恵

純正パーツを中古でゲットして、お手軽・お得にチューン!

 カスタマイズと聞くと、どうしてもアフターパーツメーカーのアイテムを装着するというイメージが強いかもしれないが、意外とオススメなのが純正流用チューニングだ。そこで今回は、手軽かつリーズナブルにカスタマイズができる(かもしれない)純正流用チューンについて考えてみたい。

その1:純正ホイールの流用

 見た目の印象を大きく変えてくれるホイールは、カスタマイズをする際に検討する人が多いポイントと言えるだろう。

 もちろん数多く存在するアフター品のホイールをチョイスするのもいいが、より手ごろにイメージを変えたいと考えているのであれば、純正流用も大いにアリといえる部分なのだ。

 例えば、スチールホイールにホイールキャップというグレードの車両に、上級グレードが標準装着するアルミホイールを装着するだけで、まるで上級グレードになったかのような印象を与えることができる。さらに場合によってはインチアップとなることもあるので、それだけでも印象を大きく変えることができる。

 また、やや上級者向けの技となるが、同じメーカーの他車種用のホイールを装着することで、あたかも純正のように見えるにも関わらず、他の人との違いを出すこともできる。また、他メーカーの純正ホイールを流用することで、不思議なアンマッチ感を醸し出すこともできるだろう。

 ただし、ホール数やPCD、インセットといったホイールのスペックが影響してくるだけに、装着ができなかったり、装着できても車体からはみ出したりボディに干渉したりといった不具合が発生する可能性もあるため、下調べが必要となる点は注意が必要だ。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

上級グレードの純正ホイールを流用画像はこちら

その2:エアロパーツの流用

 同じ車種であっても、上級グレードやスポーティグレードではエアロパーツが備わったり、パンパー形状が異なったりする場合も多い。そういった純正エアロパーツを流用するというのも、純正流用カスタマイズではポピュラーな手段となっている。

 とくにスポーティグレードのユーザーはアフターパーツメーカーのエアロバンパーなどに交換してしまうケースもあり、中古品として純正バンパーが流通することも珍しくない。そのため、同じボディカラーのパーツを購入すれば比較的安価にアップグレードをすることができるだろう。

 また、純正品ということでシンプルな形状となっているものが多く、派手過ぎないカスタマイズを求めるのであればオススメできる手段と言える。

スポーティグレードのエアロパーツは狙い目画像はこちら