軽だけど、これぞ「正統派アメ車カスタム」! なぜか懐かしい「どシャコタン」エッセ (1/2ページ)

軽だけど、これぞ「正統派アメ車カスタム」! なぜか懐かしい「どシャコタン」エッセ

この記事をまとめると

  • 中古車価格高騰中のダイハツ・エッセ
  • カスタマイズベースとしても密かに人気
  • どシャコタンな1台を詳しく紹介

プレーンでコンパクトなスタイリングは、カスタマイズの可能性が無限大!

 2005年から6年間生産された軽自動車、ダイハツ・エッセ。内装の一部を鉄板むき出しにするなど徹底したコストカットにより、ベースグレードで70万円を切る低価格を実現。エンジンはNA(自然吸気)のみだが、軽量なボディで5速マニュアルの設定もあったことから、ジムカーナなど競技のベースにも選ばれたりする。だから中古車市場では、マニュアル車の値段が大きく高騰。1代限りの短命で終わってしまったクルマだが、今も新たなファンを獲得している。

【関連記事】話題のランクル300用も追加! JAOSから魅力的な新作アイテムが続々登場

カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

 そんなエッセはカスタマイズのベースとしても人気が高い。全体的に丸みを帯びたスタイリングは欧州のコンパクトカーに通ずるものがあり、ユーロ系のカスタムが似合う。またスタイリングがプレーンだから自分好みの色に染めやすく、「カッコ良く」も「かわいく」も自由自在。ここで紹介する水色のエッセもオシャレで上質なテイストを加え、オリジナリティのある1台に仕上がっている。

サニー風のストライプが映えるライトブルーで全塗装

 外観はアメリカンカスタムのトレンドを意識した、シンプルかつクリーンな佇まい。オーナーはもともとシボレー・アストロや日産・ダットサントラックといったアメリカンカスタムに人気の車両に乗ってきたこともあり、その経験がフルに生かされている。ボディカラーは純正ホワイトから、透明感のあるライトブルーでオールペン。

【関連記事】話題のランクル300用も追加! JAOSから魅力的な新作アイテムが続々登場

カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

 アメリカはインパラやUSシビックなど、水色系のボディカラーを採用するクルマが多く、そこに目を付けたとのこと。独自に調合したオリジナルカラーではなく、じつはホンダN-BOXの純正色。補修する際の色合わせも難しくはなさそうだ。カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

 サイドを引き締める赤と黒のストライプも見どころで、こちらは昔の日産サニーGX5に用いられていたアイテム。ネットで復刻版を購入し、カットしてサイズ感を調整した上で貼っている。こういう枠にとらわれない柔軟な発想も、カスタマイズの参考にしたいところ。カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら ほかにも自ら屋根を切って装着した、ベバストのサンルーフやシビック用を加工したエアロミラーなど、独創的なアレンジが光る。カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

利便性が高い社外エアサスをさらに加工して、どのエッセよりも低く!

 足まわりは長きに渡り車高調にこだわっていたそうだが、ボルドワールド製のエアサスに変更。停車時にタンクのエアを抜くことでベタベタに落とせるのが特徴の足まわりだが、ポン付けだとここまで下がらないという。ブラケットを加工して、リヤのアクスルを可変式のアヒル商会製に交換するなど、トライ&エラーを繰り返しながら自らセッティング。驚異の低さを手に入れたというわけだ。ホイールのリムとフェンダーのクリアランスはまさに紙一重で、これもエアサスならではの芸当と言える。カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

 ホイールは高級セダンやミニバンだけでなく、Kカーオーナーにも人気が高いハイブランドのBBS RSをチョイス。ピカピカに磨かれたリムが美しく、単に車高を落としただけでは履けない深いリムも圧巻。赤いセンターキャップがサイドストライプと統一感が出ていい感じ。カスタマイズしたシャコタンエッセの紹介画像はこちら

画像ギャラリー