お正月休み中になんとかしたい「ヘッドライトの黄ばみ」「樹脂パーツの劣化」! 意外とカンタンなメンテナンス法とは (1/2ページ)

お正月休み中になんとかしたい「ヘッドライトの黄ばみ」「樹脂パーツの劣化」! 意外とカンタンなメンテナンス法とは

この記事をまとめると

  • 長年乗った愛車がどうもお疲れ気味
  • ヘッドライトの黄ばみと樹脂パーツの劣化が原因
  • 簡単に綺麗にする方法をレクチャー

ヘッドライト&樹脂パーツを復活させるには

 ヘッドライトカバーも含めて、樹脂というのはデリケートなもの。熱に弱いし、紫外線の影響も受けやすい。クルマの場合、溶けてしまうような熱にはさらされないのでいいとしても、含まれている油分が抜けてしまう原因になるし、一番の問題は紫外線だ。

 悩みが尽きないヘッドライトの樹脂カバーが曇ってしまう最大の原因は、紫外線による劣化。新品時は保護膜がしっかりとしていたのが次第に取れてしまい、紫外線が樹脂に届くようになることで黄色く劣化してきてしまう。

ヘッドライトの劣化をケアする方法

 その解消にはふたつのポイントがあって、まずは劣化した表面を削り取るということ。そしてもうひとつは再度ダメージを受けないようにするために保護してやることだ。どちらも一見すると簡単に思えるが、実際は難しいわけで、それゆえに永遠の悩み的な状況になっていると言っていい。

 まず表面を削り取る分には簡単と思うかもしれない。バフにコンパウンドを付けて磨けば一瞬だし、手磨きでも時間はかかるもののきれいにはなる。また、虫よけスプレーも裏技として有名だが、ディートと呼ばれる成分に樹脂を溶かす効果があって、表面の劣化した部分を除去することもできる。

【関連記事】街乗りから過酷なダカールラリーまでタイヤ性能でがっつりサポート! トーヨータイヤの展示ブースがアツかった【東京オートサロン2022】

「ヘッドライトの黄ばみ」&「樹脂の劣化」意外と簡単なメンテナンス画像はこちら

 いずれにしても、ひと皮剥いた状態になるため、本当に素の状態となってしまい、残っていた保護膜もすべてなくなってしまうのが問題。中途半端に残しておいても意味がないとも言えるが、後戻りできない状態というのは事実だ。

綺麗にしたヘッドライトを保護するには

 次の問題である、保護はさらに難しい。じつは紫外線を高い率でカットができるコーティング剤というのは少ないし、あっても時間とともに薄れていく。さらに透明を維持するというのも難しい。それゆえ、市販のキットを使ったけど、また曇ってきてしまったということになる。結局のところ、決定打としてはクリアで塗装してしまうのが最善。DIY用の2液タイプのスプレーも売れられているので、自分でやるならこれが一番だろう。「ヘッドライトの黄ばみ」&「樹脂の劣化」意外と簡単なメンテナンス画像はこちら

 ただし、透明な樹脂の上に均等にスプレーするというのは難しくて、失敗の可能性もあるのは事実だ。自信がないなら、プロに頼んだほうがいい。

画像ギャラリー