バンライフ最強のオシャレっぷり! 丸目のプロボックスが「センスの塊」だった (1/2ページ)

バンライフ最強のオシャレっぷり! 丸目のプロボックスが「センスの塊」だった

この記事をまとめると

  • 愛らしい丸目プロボックス「CAMP BOX 01」を発売
  • 中古の160系プロボックスベースのコンプリートカー
  • 車両販売だけじゃなく車両持込み架装にも対応する

160系初のバンライフな丸目プロボックスが新登場

 ハイエースやランクルなどのレトロ風カスタムが人気の昨今、商用ワゴンバンのプロボックスもまたカスタムベース車として注目されている。これまでは中古車価格が比較的リーズナブルな初代モデルの50系がその中心だったが、2代目モデルの160系ベースのカスタム車両も続々と登場している。

【関連記事】いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授

クラウドエイト「CAMP BOX01」画像はこちら

 そんななか、大阪のカスタムプロボックス専門店「クラウドエイト」から、160系では初となるバンライフな丸目プロボックス「CAMP BOX01(キャンプボックス01)」が発売された。

昔のポーターキャブの丸目をオマージュして誕生

 これまでプロボックスのバンライフカーと言えば、50系の角目を生かしたモディファイがほとんどだったが、クラウドエイトでは160系をベースにした丸目カスタムを敢行。代表の林さんは「昔、父親によく釣りに連れてってもらい、そのときの愛車がマツダの軽トラック、ポーターキャプでした。最近のクルマは厳つい表情が多くて、それが嫌だったんです。そこでポーターキャブの愛らしい表情をオマージュして、丸目キットを作りました」

 林代表がそうであったように、猫も杓子もキリリとイキった表情を見せる最近のクルマに食傷気味の人も多いはず。そんなときにコロナ禍が追い風となり空前のアウトドアブームが訪れ、休日の過ごし方も変化。家族や親しい友人たちと一緒にキャンプして過ごす時間が増えたという人も多い。キャンプ道具をいちから揃えても掛かる費用はわずかだが、アウトドアで映える新型車を購入するとなると予算はそれなりに高額になる。

【関連記事】いま「ぼっち趣味」なら「車中憩」! 実例3つとコツを達人が伝授

CAMP BOX01(キャンプ)画像はこちら

 そこでアウトドアシーンから街乗りまでオシャレに使い倒すことができる頑丈なクルマとして、キャンプボックス01が開発された。プロボックスといえば荷物の積載性や燃費、走行距離が嵩んでも壊れにくいとうう絶大の信頼を誇るクルマだが、丸目キットでフェイスチェンジしたスタイリングは、思わず二度見してしまうほどの存在感を主張してくれる。

 基本的なカスタムメニューは、①オリジナル丸目キット/②3cmリフトアップ(コイルスプリング)/③ホワイトレタータイヤ(トーヨー・オープンカントリーR/T、165/80R14)となっており、必要に応じて、ルーフキャリアやデニムシート(シートカバー)をオプションとして追加することができる。CAMP BOX01(デニムシート)画像はこちら

画像ギャラリー