「タンドラ顔のプロボックス」「ジムニー顔のキャリイ」! なぜか今流行ってる、アウトドア「顔面移植」カスタム (1/2ページ)

「タンドラ顔のプロボックス」「ジムニー顔のキャリイ」! なぜか今流行ってる、アウトドア「顔面移植」カスタム

「クルマ」と「アソビ」を楽しくするイベント「アソモビ」

 10月16&17日に埼玉スーパーアリーナにて、遊び心あるクルマやアソビギアを提案する日本最大級のイベント「アソモビ」が開催された。多くの遊びに特化したクルマやアソビのための各種ギアが展示された会場は、見る人の想像力を掻き立てるワクワクが詰まっている。そんな会場で見かけた気になるクルマたちをチェック!

キャンピングカーや車中泊カスタムなど多彩な出展

 2019年まで開催されていた、クルマ(カー)とトラベルを融合させたイベント「カートラジャパン」がリニューアルした。アソビとモビリティを融合させ、クルマで楽しむアクティビティ全般に対象を拡大。「アソモビ」として生まれ変わった。じつは昨年も開催が予定されていたが、コロナ禍で開催自体が中止。さらに当初ゴールデンウィークの予定だった今年の開催も延期となり、今回が初の開催となった。

 会場となったさいたまスーパーアリーナにはキャンピングカーをはじめ、「アソビ」をより楽しくする数多くのクルマが集まり、トークショーやパントマイムのパフォーマンスなどさまざまなアトラクションも行われた。そこで会場で発見したさまざまなクルマたちを紹介。アソビに出かけたくなるような個性的なクルマばかりだ!

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

「アソモビ」で注目のアウトドアカスタム車画像はこちら

アソビの相棒として今注目の「リフトアップ商用車」

 そんなアソモビの会場でキャンピングカーに混ざって目立っていたのは、元々商用車だった車種たち。例えば、プロボックスやハイエース、NV200など。ノーマルでは目立たない車種をカスタマイズすることで、アソビの相棒に最適な車両となっているのだ。

 下の写真は「プロボックス」のフロントマスクを、北米トヨタのタンドラやタコマをイメージさせる六角形グリルとTOYOTAスクリプトバッジに変更した「2PM」のデモカー。あわせて足まわりをリフトアップし、ホワイトレターのオフロードタイヤを装着することで、オフロード感を高めている。たったこれだけのカスタムでステーションワゴン型のSUVに大変身。

「アソモビ」で注目のアウトドアカスタム車画像はこちら 別のカスタム「プロボックス」を発見。こちらはその名も「PROBO STYLE」のブースで、50系(前期型/写真右)と160系(後期型/写真左)の両タイプをカスタムしている。マットペイントへのオールペイントやヘッドライト、カスタムグリル、グリルガードなどを装着する。あわせてリフトアップしたり、スチールホイールにマッドタイヤを装着と、とにかくフルカスタム。ルーフにキャリアを装着し、このままでアウトドアが最高に似合う1台となっているのだ。

「アソモビ」で注目のアウトドアカスタム車画像はこちら 商用車として忘れてはならないのが、トヨタのワンボックス「ハイエース」だ。会場内でもハイエースをベースとしたカスタム車両は多く、フルフラットベッドやルーフがポップアップする車両まで数多くのカスタムハイエースがエントリーしていた。そんななか「GORDON MILLER」のブースで展示されていたのは、ヘッドライトを丸目二灯に変更したカスタムハイエース。あわせて大きなルーフキャリアを装着し、積載量もバッチリ。内装もカスタムされており、フルフラットのベッドにもなるウッディな空間になっている。

 ちなみにハイエースではちょっと大きい、という人には、ハイエースの左に見える日産の「NV200」も最近人気のベースとなっているそう。こちらも内装をカスタムすることで、車中泊仕様となっている。

「アソモビ」で注目のアウトドアカスタム車画像はこちら