激レアコレクションすべてが実働車! さらに同乗走行も可能! ブレーキメーカー「エンドレス」の博物館が贅沢すぎる (1/2ページ)

激レアコレクションすべてが実働車! さらに同乗走行も可能! ブレーキメーカー「エンドレス」の博物館が贅沢すぎる

この記事をまとめると

  • 長野県佐久穂町にできたクルマ博物館「130コレクション」
  • 綺麗にレストアした旧車とレーシングカーが展示
  • 軽井沢から近く敷地も広いのでオフ会にも向いている

ブレーキの老舗「ENDLESS」がオープンした「130コレクション」

 ブレーキシステムやサスペンションを自社で製造し、国内でも屈指の規模を誇るパーツメーカーが「エンドレス(ENDLESS)」だ。創業当初から30年以上にわたってモータースポーツに積極的に参戦。国内外のレースで活躍し、スーパーGT300クラスではチャンピオンを獲得。現在も自社チームでスーパー耐久シリーズに参戦している。

 ブレーキパーツやサスペンションを供給するカテゴリーはF1、WRCから世界中のラリーやGTレースまで幅広く、ル・マン24時間耐久レースのクラス優勝も果たしている。2021年からはWRCでトヨタワークスのGRヤリスにブレーキパッドが採用され、リヤフェンダーにステッカーが貼られているのを見たことがあるひともいるだろう。

【関連記事】なんとメーカー自ら名乗っていた! プジョーが「猫足」といわれ始めたタイミングとは

2021年WRCのトヨタGRヤリス画像はこちら

「ヨタハチ」から「ミニ」まで綺麗にレストアされた車両たち

 そんなエンドレスは長野県佐久市に本社を構えているが、新たに2021年3月、本社から20分ほどの佐久穂町にオープンしたのが「130 COLLECTION(イチサンマルコレクション)」だ。クルマの博物館としてオープンしたもので、展示車両は旧車とレーシングカーが中心。

【関連記事】なんとメーカー自ら名乗っていた! プジョーが「猫足」といわれ始めたタイミングとは

2021年3月にオープンした「130コレクション」画像はこちら

 目玉となる旧車は初代「スカイライン」、「ヨタハチ」、「フィアットX1/9」、「日野コンテッサ」、「フィアット500」、「フォルクスワーゲン・カルマンギア」、「R32 GT-R」、「S30フェアレディZ」、初代「シビック」などなど、数多くのコレクションが展示される。

ヨタハチやコンテッサなど貴重な旧車の数々画像はこちら

画像ギャラリー