クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「プロ野球」「仮面ライダー」だけじゃなかった! 当時のキッズが熱狂した「スーパーカーカード」のディープな世界
CLASSIC
share:

「プロ野球」「仮面ライダー」だけじゃなかった! 当時のキッズが熱狂した「スーパーカーカード」のディープな世界

投稿日:

TEXT: 高桑秀典 PHOTO: 高桑秀典

少ない軍資金で購入できたスーパーカーカード

 現代の子どもたちは、スマートフォン片手にゲームや動画などを楽しんでいる。しかし任天堂からリリースされたファミリーコンピュータすら存在しなかった1970年代は、写真やイラストなどが印刷されたカードを集め、それらを友だちと交換したりする“至極アナログ的な遊び”が盛んに行われていた。

 スナック菓子のおまけとして付属していた仮面ライダーカードや、ポテトチップスに付いていたプロ野球選手のトレーディングカードを集めていた人も多いと思う。とはいえやはり、1970年代に小学校に通っていた、かつての少年たちにとってメインストリームだったのはスーパーカーカードだったといっていい。

同じカードが出たら友達とトレードするのが主流だった

 というのも、スーパーカーカードやスーパーカー消しゴムは駄菓子屋や文房具屋で気軽にゲットできたので、クルマ好きの少年たちはもちろん、さほどスーパーカーに興味がない子どもたちの目にも留まっていたからだ。別の言葉で説明すると、少ない軍資金でサクッと購入できたスーパーカーカードは、もっとも身近なスーパーカーグッズであった。

 スーパーカーブーム全盛時は、大小さまざまなカードが販売されていた。すでに所有しているスーパーカーカードをゲットしてしまったときには、既述したように友だちと交換するのが通例だった。だが筆者は、ポルシェ930ターボとランボルギーニ・カウンタックが好きだったので、その2台のカードは放出することなく残しておいた。ポルシェ911ターボのスーパーカーカード

 おそらく、スーパーカーブームを経験した全少年が、好きなスーパーカーのカードは自分のなかにおける「あたり」として大切にしていた。対してどのクルマとは断定しないが、見た目が乗用車ライクなスーパーカーのカードは「はずれ」として認識していたので、交換要員となっていたのはおもに「はずれ」のほうだった。

 とはいえ、当時はピンと来なかったが、いま思うと見た目が乗用車ライクなスーパーカーは名車/珍車揃いだったので、誰しも手元に残しておけばよかったかも……と思うカードが数枚あるはずだ。 スーパーカー消しゴムと同じように、スーパーカーカードもクオリティの高低があったが、品質がよかった(=メジャーだった)のがアマダとヤマカツのカードだ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS