4座は不人気だけどじつは使い勝手は最高だった! 中古200万円以下のマイナーオープンカー6選 (2/2ページ)

ミニコンバーチブル(2010~2013年式)

 そして割安なオープンカーの中古車は、輸入車に多い。流通台数が多く、価格が適正になっているのは「ミニコンバーチブル」だ。コンパクトなボディだが、狭いながらも後席が装着されて実用性は高い。2010~2013年式が180~200万円で用意される。オープンカーの中古車を買う場合、流通台数と価格の両面から、ミニコンバーチブルが一番推奨できる。

【関連記事】総数72台の歴代「ジープ」が集結! 「ウィリス」から「ラングラー」までそろった「ジープジャンボリー」のアウトドアな1日とは

実用性・タマ数・価格のバランスがベストなミニコンバーチブル画像はこちら

VWゴルフカブリオレ/VWイオス/プジョー207CC

 価格の割安な輸入オープンカーとしては、「フォルクスワーゲン・ゴルフカブリオレ」も挙げられる。2012年式で、走行距離が4~6万kmの車両が160~180万円で販売されている。これも割安だ。

ゴルフカブリオレならリヤシートはかなり快適画像はこちら

 また同じフォルクスワーゲンの「イオス」も注目される。電動開閉式ハードトップを装着して、価格は2007~2008年式が100~120万円だ。

知る人ぞ知る存在になったVWイオス画像はこちら

「プジョー207CC」も安い。2008~2010年式が80~100万円になる。電動開閉式ハードトップだから、正常に作動するかを確認する必要はあるが、セキュリティについては安心できる。

コスパに優れる207CC画像はこちら