前後撮影も可能! データシステムの最新ドライブレコーダー「DVR3200 II」シリーズ発売

前後撮影も可能! データシステムの最新ドライブレコーダー「DVR3200 II」シリーズ発売

WQHD画質で鮮明に録画可能!

 カーライフを豊かにするドライブサポート用品を多数手掛けるデータシステム。新製品として、高画質ながらコンパクトでコストパフォーマンスに優れたドライブレコーダー「DVR3200 II」が発売された。1万9580円(税込み)〜。

 事故など万が一の際はもちろん、近年注目を集めているあおり運転などの交通トラブルで役立つドライブレコーダー(ドラレコ)。各社からさまざまな機能をもったドラレコが発売されている。データシステムが新発売したDVR3200 IIは、コストを抑えながらも、機能をとことん追求した魅力的な仕様となっている。

 ドラレコといえば従来は前方を録画するタイプが主流だったが、最近ではあおり運転対策もあり、後方録画が可能となる製品が主流になりつつある。もちろんDVR3200 IIも、前後撮影可能な2カメラ仕様となっている(フロントカメラのみのパッケージもあり)。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」との出会ってすべてがはじまった! 「TMワークス」はゼロヨンとともに今も成長中

フロントカメライメージ画像はこちら

 前方カメラは、WQHD画質での高精細録画が可能。F値2.0の5層ガラスレンズにより、明るくクリアな映像を記録できるので安心だ。また、劣化による白濁化も発生しにくくなっており、長期間使用することができるのもありがたい。後方カメラはHD画質ながら、ナンバープレートも読み取れる画質で万が一の事態でも安心だ。

後方カメライメージ画像はこちら

手をかざすだけでイベント録画ができる

 また、使い勝手などにもこだわっている。センサーに手をかざすだけで、イベント録画を開始できるジェスチャーセンサーを搭載している。運転中にボタンを押して録画開始するのはスムースではなく、ましてやあおり運転の被害に遭っている最中では、素早く録画を開始したいもの。そんなとき、パッと手をかざすだけで録画を開始できるのは非常に便利だ。

 そのほかにも、走行中に車線をまたいでしまった際の警告表示&アラーム音で知らせてくれる車線逸脱アラート機能や、設定した制限速度をオーバーした際にアラーム音を発してくれる機能など、安全運転をサポートしてくれる機能も盛りだくさんだ。

 カメラ本体も、高温に強く安全性に優れるキャパシタを搭載している。さらに、ほかの機器への影響を抑えるEMIノイズ対策やLED信号機対応など、安心して使える仕様となっている。

 最初からフルパッケージで使える前後カメラがセットになったDVR3200-B II、シンプルにフロントカメラだけで運用したい人向けの後方カメラ別売りパッケージのDVR3200-A IIの2タイプをラインアップ。A IIを購入しても、後方カメラを別途追加できる別売り後方カメラのDVR-R1も用意されている。

●品番・価格
DVR3200-B II(後方カメラセットパッケージ):2万3980円(税込み)
DVR3200-A II(後方カメラ別売パッケージ):1万9580円(税込み)(税別17,800円)
DVR-R1(DVR3200Ⅱ用別売後方カメラ):5500円(税込み)