「事故ったら軽は危ない」は昔の話! 最新軽自動車が誇る安全っぷりと「5つ星評価」の4台とは (1/2ページ)

「事故ったら軽は危ない」は昔の話! 最新軽自動車が誇る安全っぷりと「5つ星評価」の4台とは

最新モデルなら軽自動車の安全性は飛躍的に高まった

 万一の事故の際、やはりクルマの安全性能に助けられたいと思うのは、誰でも同じだろう。しかし、小さな軽自動車はやっぱり不安……そう感じている人も多いはずだ。とはいえ最近の軽自動車の安全性能は飛躍的に高まっているのは周知の通り。

 実際、筆者はホンダNーBOXと、車重比1.5倍のホンダ・インサイトの衝突試験に立ち会ったことがある。どちらも時速は50km/h。ラップ率50%(車体前方の半分同士が衝突する感じだ)。そして重要なことは、50km/hで走行するクルマ同士が正面から衝突した場合、相対速度は50km/h×2の100km/hに達するということになる。N-BOXとインサイトが衝突したとき、どうなったのか?

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

ホンダの衝突テスト画像はこちら

 安全のため、離れたところからの立ち合いだったが、事故の重大さはその衝撃音の大きさからも十分に理解できた。インサイトのほうは、衝突した場所からほとんど動かず、前を向いたまま停止していたが、軽く小さいN-BOXは一瞬宙に浮き、回転したのちに停止。

 近寄ってみると、インサイトのほうはボンネット部分片側が損傷していたものの、Aピラー以降はダメージがないように見え、フロントウインドウさえ割れていない。では、NーBOXはどうなったのか。

 さすがにフロント部分の損傷度合いはインサイトを上まわり、フロントウインドウとAピラーの三角窓部分は割れていたが、なんと、衝突した側の運転席フロントドアですら無理なく開けることができた。さらにリヤスライドドアはアウトサイドオープナーを引くだけで、何事もなくスルスルとスムースに開いたのだ。ホンダのコンパティビリティ対応ボディの優秀さを直視した経験だったのである。ホンダの衝突テスト画像はこちら

安全な軽自動車に乗り換えるなら自動車アセスメントを参考に

 これからより安心・安全な軽自動車に乗り換えたいと思っているのなら、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が行っている『自動車アセスメント(通称JNCAP)』の結果を参考にするといいかも知れない。自動車アセスメントには、「衝突安全性能評価」と「予防安全性能評価」のふたつの安全性能を図る指標がある。それぞれに配点された合計点数が高いほど、より安心・安全なクルマと見ることができる。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

JNCAPのロゴ画像はこちら

 2019年度までは、衝突被害軽減ブレーキや最新の運転支援システムなどの内容が評価される予防安全性能(82点満点/AVS+という評価となり、「+」の数が多いほど優秀)、衝突安全性能(100点満点)の合計で評価されていた。だが、2020年度からはよりわかりやすい、予防安全性能と衝突安全性能、および事故自動緊急通報装置(8点満点/2020年度以降)を総合評価(190点満点)するようになっている。ちなみに次ページに記載するASV表記がない軽自動車は、2020年度以降の評価だ。