ハイエース&バネットに天然木を贅沢に使用! ゴードンミラーの提案するバンライフとは【大阪オートメッセ2022】 (1/2ページ)

ハイエース&バネットに天然木を贅沢に使用! ゴードンミラーの提案するバンライフとは【大阪オートメッセ2022】

ガレージライフを豊かにする「ゴードンミラー」はコンプリートカーも展示

「心躍るガレージライフ」をテーマに、2017年に誕生した「ゴードンミラー」。ガレージユースやカーライフを前提とした機能的なデザインのガレージウェアやギア、ツールなどさまざまなアイテムをリリースしており、その使い勝手の良さからアウトドアレジャーを楽しむユーザーからも支持を集めているブランドだ。

 そんなゴードンミラーが「大阪オートメッセ2022」にブースを出展し、上記のアパレルや小物、ツール類の販売のほか、2019年からスタートした「ゴードンミラーモータース」が手掛ける「GMLVAN V-01」と「GMLVAN C-01」と名付けられた2台の車両が展示されている。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

ゴードンミラーではガレージ用品やカー用品など多岐に渡り展開している画像はこちら

ハイエースをベースにした「GMLVAN V-01」

「GMLVAN V-01」は「トヨタ・ハイエース」がベースとなったモデル。丸目4灯のクラシカルなフェイスが最大の特徴で、サイドからリヤまで回り込んだサイドガーニッシュでベース車とは異なる印象を与えている。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

ハイエースにクラシックなフェイスを与えたGMLVAN V-01画像はこちら

 インテリアは大部分が無垢のリアルウッドに覆われており、テーブルやベッドなど、さまざまな形に変化することができる構造の広大な後部スペースを持つ。キャンプや車中泊、ロードトリップをより豊かに楽しむことができる機能が満載となっている。

インテリアは天然木を使用画像はこちら

 またオプションでルーフラックやサイドオーニング、アルミホイールなども用意されており、より自分らしい1台にカスタマイズすることも可能だ。

テーブルやベッドなど多彩なアレンジが可能画像はこちら