大枚叩いて遅くなった! マイナス効果もある「速く改造するための」クルマのパーツ3選 (2/2ページ)

その3:絶対速くなるハズだったショートファイナルギヤ

 あれは180SXに乗っていたころのこと。先輩がファイナルギヤをショートにすると加速が良くなるとアドバイスをいただいた。そこでデフケースごと購入し、サーキットで載せ替えてみることに。ノーマルの4.0から4.3にしたのか4.6だったのかうろ覚えだが、加速性能アップで、ミニサーキットでも軽く1秒は上がっちゃうかも、なんてウキウキしながら交換。

【関連記事】エアロパーツを装着する「メリット」と「デメリット」とは? 今さら聞けない「機能」や「費用」を徹底解説します

ファイナルギヤのイメージ画像はこちら

 コースインすると、あっという間にエンジンは吹け切りシフトアップ。これまで2速~3速で走っていたストレートは2速~3速~4速に。1コーナーでの減速時にはシフトダウンが忙しいし、なんといっても加速時に頻繁にシフトアップしていると、じつはちゃんと加速しないのだ。

 ターボエンジンはとくに、ある程度負荷を掛けてしっかりと時間を掛けて加速したほうが、過給圧も安定するし、しっかりと路面を捉えて加速できるのだ。やたら忙しくなるし、コーナー立ち上がりではすぐにテールはドリフトしてしまうし、信じられないことにタイムダウンしたという残念なオチだった。ちゃんとクルマの仕様に合わせてチョイスしたい。