「その手があったか!」思わず膝を打つワークス系「変化球」チューニングパーツ3選 (1/2ページ)

「その手があったか!」思わず膝を打つワークス系「変化球」チューニングパーツ3選

メーカー直系ワークスブランドを象徴するパーツとは?

 TRDやNISMOなど『ワークス』と呼ばれる企業。それぞれがトヨタやニッサンといった自動車メーカー直系といえる存在で、モータースポーツ活動やオリジナルパーツ開発を精力的に行っている。昔から情報の量やスピードを活かし数々の名作が生み出され、ファンの間で時代を超えた人気となっている製品も多い。ココではそんなワークス系を象徴する、チューニングパーツの数々を紹介しよう。

STI:フレキシブルタワーバー

 トップを飾るのはWRXやレヴォーグを筆頭としたスバル車に設定される、STI(スバル・テクニカ・インターナショナル)のフレキシブルタワーバーだ。サスペンションの上部を左右で繋ぎボディと足まわりの剛性を高める、一般的なストラットタワーバーと何が違うのだろうか。最大のポイントはバーの中央に設けたピロボール式のジョイント。

【関連記事】初心者にオススメのタイムアップの秘策をお教えします! 肝心なのは「ブレーキ」と「タイヤ」選び

STIのフレキシブルタワーバー画像はこちら

 サスペンションの上下方向の動きに対し可動することで、ストラットから入力してきた衝撃を緩和させ、乗り心地はそのままにステアリングのレスポンスが改善する。STIのフレキシブルタワーバー画像はこちら

 ギャップの多い荒れた路面では特に効果を体感しやすく、タワーバー本来のメリットであるボディ剛性の向上もスポイルせず。ストリートが中心のユーザーにとっては、非常に恩恵のあるアイテムといって間違いないはず。

NISMO:パフォーマンスダンパー

 続いてはNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)の、パフォーマンスダンパーを取り上げよう。ボディから絶えず発生している微振動を抑制し、ステアリングの修正を減らすことが可能となる。NISMOパフォーマンスダンパー画像はこちら

 サーキット走行の力強い味方であることはモチロンだし、一般道では快適な乗り心地を実現し疲労軽減にも貢献するに違いない。なおパフォーマンスダンパーはヤマハ発動機と共同開発しており、のちほど紹介するTRDや無限からも同じ名称のアイテムが販売されている。NISMOパフォーマンスダンパー画像はこちら