国産スポーツカーの高騰が止まらない! いま買っておくべき底値の国産MT車とは (1/2ページ)

国産スポーツカーの高騰が止まらない! いま買っておくべき底値の国産MT車とは

まさに今が底値の国産スポーツカーとは

 国産スポーツカーの中古車価格の高騰が止まらない。生産中止が発表されたホンダのS660は、1年前と比べて中古車価格が約35%もアップしている。ネオクラシック世代に足を踏み入れつつある、マツダFD3S型RX-7やトヨタSW20型MR2などもどんどん値上がりしているし、この先ガソリンエンジン搭載のスポーツカーなら、メーカーや車種を問わず、中古車相場は上がっていく予感しかない(ガソリンスタンドが激減するか、ガソリン価格が恐ろしく高騰すればハナシは別だが)。

【関連記事】昔のAT車に付いていた「オーバードライブスイッチ」っていつ消えた? じつは「オーバードライブ」自体は今も健在!

RX-7(FD3S型)画像はこちら

 つまり、10年、20年後を考えると、どの車種もいまが底値という見方もできるというワケだ。そんななかで、いまならお得感のあるクルマをいくつかピックアップしていこう。

【日産編】王道スポーツモデルがじつは狙い目!!

 日産車なら、現状まだ100万円以下で購入できるV35スカイラインクーペがイチ押し。Z33型と同じプラットフォームで、ブレンボブレーキ付きなのに83万円ぐらいが相場。遠からず100万円を越えてくるはずなので、今のうちにゲットしたい。

【関連記事】昔のAT車に付いていた「オーバードライブスイッチ」っていつ消えた? じつは「オーバードライブ」自体は今も健在!

V35型スカイラインクーペ GT350画像はこちら

 あとはフェアレディZ。現行のZ34型は人気が今ひとつで、中古車相場は250万円前後。来年新しいZがデビューするとどうなるか? だが、スーパーGTの日産ワークスの車両がまたフェアレディZにチェンジすることもあり、おのずとZへの注目は高まるはず。Z33型も相場は110万円前後で年式を考えるとちょっと高い気もするが、今後の値上がりを考えると、迷っているぐらいなら買ってしまいたい。フェアレディZ(Z33・Z34)画像はこちら

 ちなみにMTモデルではないが、R35型GT-Rの初期モデルでも800万円前後するものの、生産中止の噂が広がるなかで今後ドーンと高騰する可能性がある。

【マツダ編】走り自慢のモデルでも不人気車種なら100万円以下

 マツダではRX-8だろう。いまなら平均相場は97万円と100万円以下で収まるが、FD3S型の高騰ぶりをみていると、今後ドーンと高くなる予感。ロードスターは歴代4モデルで一番不人気のNB型(2代目)が狙い目。NB型ロードスター画像はこちら

 そんなNBもじりじり高値になってきており、現在の相場は80万円。NC型が130万円なので、その価格差を考えるとどちらかといえばNCがお得という考え方もできる。ちなみに初代モデルのNA型は160万円前後にまで高騰している。NC型ロードスター画像はこちら