クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 人気旧車「ハチロク」「ランタボ」「CR-X」買ったらどうなる? 意外とシビアな「維持のホンネ」最大の敵は「重税」か?
CLASSIC
share:

人気旧車「ハチロク」「ランタボ」「CR-X」買ったらどうなる? 意外とシビアな「維持のホンネ」最大の敵は「重税」か?

投稿日:

TEXT: 畑澤清志 PHOTO: 畑澤清志/本田技研工業/カーランド/Auto Messe Web編集部

  • TE71カローラGT
  • GR86
  • シバタイヤ
  • AE86藤原豆腐店レプリカ
  • AE86(イメージ)
  • AE86/スプリンタートレノ
  • GRヘリテージパーツ
  • GRヘリテージパーツ(パーツ単体)
  • AE86専門店/カーランド
  • バラードスポーツCR-X
  • バラードスポーツCR-X(リヤ)
  • バラードスポーツCR-X(コクピット)
  • ZC型1.6L DOHCエンジン
  • バラードスポーツCR-X(後期)
  • ランサーターボ(ラリー車)
  • 4J10型 1.8L直4SOHCターボエンジン
  • ランタボ(フロントスタイル)
  • ランサーターボ(レプリカバンパー)
  • ランタボ(リヤスタイル)
  • 80年代ネオクラモデル
  • ランサーターボ(ラリー車両)
  • 80年代ネオクラモデル

コロナ禍が自動車文化にも変化をもたらしスポーツカー人気が再燃

 コロナ禍において密を避ける移動手段として、自動車という存在がクローズアップされた2020年。なかでも単身で移動できる手段として選択する人が増えたのがスポーツカーでした。巣ごもりで浮いた遊興費などを、趣味としてのスポーツカーに注ぎ込む。そんなオーナーが増えてきたことにともない中古車相場もヒートアップしました。

第二世代GT-Rばかりじゃない! ネオクラスポーツモデルが軒並み高騰

 現行型のスポーツカーの代表格といえば新型GR86&BRZですが、型落ちとなったトヨタ86&スバルBRZの中古車価格は、本来なら緩やかに下落していく中古車相場ですが高値安定が続いています。これに関しては識者の方々が様々な分析をしていますが、いまだ明確な理由はわかりません。GR86

 それに引っ張られるように、往年のスポーツカーの中古車相場も底上げされていきます。ダントツは北米での人気を背景とした第二世代スカイラインGT-Rがテッパンですが、80’sのネオクラ車全般についても、明らかな上昇傾向が見てとれます。

 メディアなどでそんな話題が取り沙汰されると、それまでネオクラ車に興味のなかった層にまで響きました。なかでも80’sに青春時代を過ごした世代が敏感に反応しはじめました。

ネオクラ世代の個体が減少する中で信頼できるショップが貴重な存在に

「この機会を逃すと、もう二度と手に入らないかもしれない……」。あの頃の思い出をもう一度。かたわらにかつての愛車を置いておきたい甘酸っぱいムーブメントが巻き起こりました。そして少しずつ中古車が減っていき、それもまた相場に影響を及ぼすというサイクルが生まれています。

 人気が高まったからといって市場に流通している絶対数は変わりませんから、価格が上昇するのは自明でした。AE86専門店/カーランド

 また、ネオクラ車を安心して楽しめる環境が整ってきたのも後押ししてくれる理由のひとつです。そもそも30年以上の時を経ている工業製品ですから、むしろ劣化していて当たり前と断言できます。そこをフォローしてくれるのがプロショップの存在です。当時の乗り味を忠実に再現し、たとえ壊れてもちゃんと面倒を見てくれる頼れる専門店。そんなお店があるかどうかはネオクラライフを送るうえでかなり重要です。

 そんな80’sネオクラ車。人気上位を占めるのはご存知AE86レビン/トレノ、バラードスポーツCR-X、ランタボといった面々。80’sの現役時代から輝きを失わないこの3車を、令和の目線でチェックしてみましょう。

正式名より呼称が一人歩きするほど経年とともに人気が高まる「ハチロク」

 1987年の生産終了から幾星霜。そんな35年以上という時間軸を忘れてしまうほどの現役感を放っているネオクラ車が、AE86カローラ・レビン/スプリンター・トレノです。

 もはや、こうして正式の車名を記すほうが違和感あるくらい「ハチロク」の愛称が深く浸透している希有なスポーツモデルです。海の向こうでは「エイトシックス」と呼ばれ、全世界に熱狂的なファンが存在するのはご存知の通りです。AE86/スプリンタートレノ

 ちなみにグローバルで累計約31万5000台が生産され、日本仕様はそのうち約10万台といわれています。

 しかしネオクラ車の傾向として、ハコスカやケンメリなど60-70’sのビンテージクラシックと違うところは、一度「底値」を経験していることです。入門スポーツというジャンルということもあって、思い切り酷使されたのちに、この世から消えてしまった物件はかなりにのぼるといわれています。AE86(イメージ)

 現在ほどしっかりと相場が形成されていれば棄てられることもなく再生されふたたび流通していたはずですが、峠ブームをはさんでいたこともあり二束三文で流通していた頃もありました。いま考えると夢のようですね。

クスコが3Dスキャンを駆使して「ハチロク」パーツを続々とリリース

 そして現在の地位を支えているのがアフターメーカーの存在です。もう、AE86へ掛ける熱量はハンパないです。いまだにニューパーツが投入され、それがまた乗り続ける喜びを担保してくれています。

 サスペンションや駆動系に関してのパーツの豊富さは言わずもがなです。4A-Gエンジン関連では、先日の2021 SEMA SHOWのCUSCOブースでお披露目された「TEC-ART’S AE86」のような美しき一体型サージタンクなど、3Dスキャン技術を駆使し最新の加工技術で続々とパーツがリリースされています。

1 2 3

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS