新型ノアヴォクの存在感が大幅アップ! 大阪でも来場者の注目を集めたモデリスタブース【大阪オートメッセ2022】

新型ノアヴォクの存在感が大幅アップ! 大阪でも来場者の注目を集めたモデリスタブース【大阪オートメッセ2022】

強烈な個性で来場者にアピール!

 2月11日から13日の日程で開催された大阪オートメッセ2022。モデリスタブースには、今年登場したばかりの新型トヨタ・ノア&ヴォクシーに、エアロパーツやホイールを装着したカスタマイズ仕様が展示されていました。新型モデルだけあって、多くの来場者から注目されていたブースでした。

さらに迫力アップしたエアロが特徴的

 2022年1月に登場した新型ノア&ヴォクシー。トヨタ車のカスタマイズパーツを手掛けるモデリスタからは、登場と同時に新型ノア&ヴォクシーの専用パーツが発表されました。モデリスタはこの専用パーツをフルで装着した両車を展示。

 モデリスタ仕様のノアのデザインコンセプトは「Brand new Elegance」。ワイドに伸びたメッキ加飾を施し、精悍さのなかにエレガンスを感じる個性的な表情を演出します。展示車両はフロントスポイラーやサイドスカートなど、全面的にエアロパーツを装着できるエアロパーツセットBに加えて、メッキパーツで構成されるクールシャインキットを装着。さらに各種LED電飾パーツも装着されていて、若干暗くされた展示ブースでその存在感をアピールしていました。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

ノアのモデリスタ画像はこちら

 モデリスタ仕様のヴォクシーのデザインコンセプトは「Sharp×VALOUR」。こちらはさまざまな造形のメッキ加飾を施し、低重心で存在感のあるスタンスと上質感を与えています。ヴォクシーの展示車両もノアと同じく、全面的にエアロパーツを装着できるエアロパーツセットBと、メッキパーツで構成するクールシャインキットを装着し、LEDの電飾パーツもプラスされていました。

ヴォクシーのモデリスタ画像はこちら

新作ホイールは新たな取り組みも

 また、両車ともモデリスタ製18インチアルミホイールを装着。こちらはモデリスタの主力ホイールであるWingDancerの最新作。釣り針をデザインモチーフとしていて、シャープなデザインが際立つ切削ホイールです。最新作らしくモデリスタ初採用の技術として、トップコートにラメを配合した特殊なクリアを使用しています。

大阪の方が具体的な検討をする来場者が多い

 東京オートサロンでもこちらの2台は展示され、多くの来場者が注目していました。それは大阪オートメッセでも変わらずですが、担当者にお話を伺うと、大阪オートメッセの方が購入を具体的に検討している方が多かったとのこと。発表から少し時間が経過したというのもありますが、新型ノア&ヴォクシーの購入を検討している来場者が、モデリスタのアイテム装着を検討するため、展示車両をまじまじと見たり、すでに注文したユーザーが追加でモデリスタのアイテムを装着しようか悩んでいるといったような、より具体的な声や質問が多かったそうです。展示車両は2台と少なめに感じてしまいますが、モデリスタブースは大きな存在感を発揮していました。