GRヤリスをもっとアグレッシブに! ガレージベリーの新作エアロに注目【大阪オートメッセ2022】

GRヤリスをもっとアグレッシブに! ガレージベリーの新作エアロに注目【大阪オートメッセ2022】

GRヤリスなのに……5ドア?

 2月11日から13日の日程で開催された大阪オートメッセ2022。モータースポーツシーンでも使用されるエアロパーツを製造するガレージベリーからは、2台のGRヤリス……ではなくGRヤリスとGRヤリス風のヤリスが展示されていました。どちらも高いクオリティを誇る、魅力的なエアロパーツに仕上がっています。

雰囲気はGRヤリスそのもの!

 フロント正面から見ると、まるでGRヤリスかと思ってしまうガレージベリーのヤリス。このGRヤリス風のバンパーはまだ開発中のもので、今回の展示車両に装着されていのも、型取りに使われるマスターモデルだそうです。しかし、そのクオリティは見事で、純正流用かと思ってしまうほど。

 また、まったくGRヤリス純正と同じデザインという訳ではなく、リップスポイラーを新たに追加することにより、ガレージベリーオリジナルな要素も加えています。このフロントバンパーは春ごろの販売を予定とのこと。

【関連記事】日産R32「スカイラインGT-R」との出会ってすべてがはじまった! 「TMワークス」はゼロヨンとともに今も成長中

ガレージベリーのヤリスのフロントリップ画像はこちら

 さらに、フロントバンパー以外にはサイドステップやリヤスポイラーなど、すでに販売されているパーツも装着。オーバーフェンダーは車検対応の片側9mmワイドな仕様となっていました。

GRヤリスも新たにバンパーを製作

 GRヤリスも新しくフロントバンパーを製作。すでに販売されているエアロパーツと組み合わされていて、シンプルながらレーシーにまとまっているのが印象的な1台です。

ガレージベリーのGRヤリス画像はこちら

 GRヤリスの新作フロントバンパーは、フォグランプまわりのデザインを変更。絞り込みを入れることで、純正のワイドでマッチョなイメージをより際立たせるようなディテールとなっています。

 そこにカナード形状に近いリップスポイラーを組み合わせることで、レーシーな雰囲気を演出。こちらは間もなく販売予定とのこと。GRヤリスはカスタマイズが進んでいるものの、まだフロントバンパーを変更しているユーザーも少ないのが現状。ガレージベリーでもリヤまわりのアイテムの受注は多いが、フロントまわりはまだ少ないとのこと。「人と違うGRヤリス」にしたいオーナーにとって、このバンパーは注目すべきアイテムと言えるでしょう。カナードリップ画像はこちら

 なお、展示車両はフロント片側9mm、リヤ片側15mmワイドとなるオーバーフェンダーを装着していますが、今回の新作バンパーはオーバーフェンダーとセットでなくても取り付け可能だそうです。GRヤリスのリヤビュー画像はこちら

 また、どちらの展示車両も洒落っ気でGRロゴをもじったGV(ガレージベリーの略)エンブレムを取り付けていたのも印象的でした。ガレージベリーのエアロパーツはヤリス、GRヤリス両車ともに機能美を感じるデザインに仕上がっています。シンプルかつレーシーに、ヤリスとGRヤリスを仕上げたいオーナーは必見と言えそうです。

ガレージベリーのエンブレム画像はこちら