ほぼアクセルのオンオフだけで走れる「ワンペダルドライブ」に賛否両論! それでも高齢者が「乗るべき」理由とは (1/2ページ)

ほぼアクセルのオンオフだけで走れる「ワンペダルドライブ」に賛否両論! それでも高齢者が「乗るべき」理由とは

違和感が不評か!? それでもワンペダルドライブを推したい理由とは

 ハイブリッド車(HV)を含め、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)など、モーター駆動を用いるクルマでのアクセルペダルだけで加減速ができ、停車まで行えるいわゆるワンペダル操作には賛否両論がある。しかし、残念なのは否定的な意見を述べる多くの場合が、アクセルペダルの操作が急すぎる傾向にあること。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

アクセル操作画像はこちら

 エンジン車のマニュアルシフトでの運転操作を振り返ると、発進・加速して変速する際、アクセルペダルから素早く右足を離し、クラッチペダルを左足で踏んで変速操作を行う。このやり方が自動変速となっても抜けず、同じようにアクセルペダルから素早く右足を離して加減速している運転者が多いようだ。

日ごろからアクセルワークを意識していれば違和感がないのだが……

 しかし、たとえエンジン車であろうと、速度調整はアクセルペダルを細やかに操作し、ブレーキペダルを使う場合は速度を急激に落としたい場合や停車する際などのかなりの減速を必要とする場合にと、使い分けているはず。ところが公道では頻繁にブレーキランプが点灯するクルマが多い。理由はアクセル操作がオン・オフのスイッチ的であり、加速はアクセル、減速はブレーキという切り替え操作となっている可能性を示している。

【関連記事】トヨタ新型「シエンタ」のウェルキャブに新採用「ショートスロープ」が加わった! 瞬時に自動展開するカラクリ機構とは

ブレーキランプの点灯画像はこちら

 同じ運転操作を電動車両で行えば、アクセルペダルから右足をいきなり離してしまえば回生が強く効き、強いエンジンブレーキがかかったような動きになってしまう。一方、細かなペダル操作で速度調整ができている人は、エンジン車であろうと電動車両であろうと滑らかな加減速ができ、このことは同乗者にもクルマ酔いなどを起こさせにくい運転になる。

 モーター駆動のある電動車両であればこそ回生を有効活用し、回生による発電によってバッテリーに電力を蓄える量が増えれば、燃費向上につながる。エンジン車でも、速度の上下が大きくなるスイッチ操作的な運転ではなく、アクセルペダルの細やかな操作で速度調整できていれば、燃費は改善するはずだ。