スポーツカーばかりが名車にあらず! 時代を作り出した偉大なる「名車認定」モデル4台 (1/2ページ)

スポーツカーばかりが名車にあらず! 時代を作り出した偉大なる「名車認定」モデル4台

隠れた名車はたくさんある!

 ここ数年で予想もつかないほどの高騰ぶりを見せている国産旧車。とくにスポーツモデルについては、この10年ほどで倍以上の値上がりを見せているものも珍しくなく、もはや憧れだけではどうにもならない価格となってしまっている。

 裏を返せばそれだけ「名車」であるということでもあるのだが、なにもスポーツモデルだけが名車というわけではないハズ。そこで今回は独断と偏見で、スポーツモデル以外で名車になり得そうな、90年代までのクルマをピックアップしてみたい。

スズキ・ワゴンR(初代)

 今でこそ軽自動車はスペース効率を重視したハイトボディを持つモデルが人気の中心となっている。それを一般的なものとしたのが、言わずと知れたワゴンRだった。

【関連記事】100年前にティアドロップ型のクルマが作られていた! 貴族がワンオフで作らせた最初期の「アルファ」を紹介します

初代ワゴンR画像はこちら

 1993年に登場した初代ワゴンRは、アルト系のコンポーネントを流用しながらも、背の高いスタイルを実現するためにフロアを二重として上げ底とした。これがフロアの振動軽減や騒音防止にも効果を発揮し、登録車にも負けない快適性を実現していたのだ。

 今でこそN-BOXを筆頭とするスーパーハイトワゴンが人気となっているが、この初代ワゴンRが存在しなければN-BOXも生まれていなかったと思うと、名車認定されるのも当然と言えるのではないだろうか。

日産エルグランド(初代)

 それまでは多人数を一度に目的地まで運ぶことに重きを置いていたワンボックスカー。これに、高級という概念を持ち込んだ初代エルグランドもまた、時代を形作った名車のひとつと言えるだろう。

初代エルグランド画像はこちら

 シンプルかつクリーンなスタイルのボディに、堂々としたメッキグリルを持つフロントマスクという組み合わせも斬新。室内も広くV6エンジンによる高い動力性能(4気筒ディーゼルもあったが)など、今を時めくアルファードも、初代エルグランドが先陣を切ったからこそ存在していると言っても過言ではないだろう。

 そんな初代エルグランドも生産終了から20年が経過し、状態のよいものは着実に姿を消しつつある。まだ高騰はしてないものの、ふたたび火がつく可能性も大いにあるハズだ。