クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • あえての「古化」まで流行! Gクラスファンは「顔面メイク」が好きだった
CUSTOM
share:

あえての「古化」まで流行! Gクラスファンは「顔面メイク」が好きだった

投稿日:

TEXT: 犬塚直樹  PHOTO: Daimler AG/オンリーメルセデス編集部/Auto Messe Web編集部

  • W460のGクラスの走り
  • W463とW463Aの2台のスタイリング
  • JCWフォームチェンジキット装着のW463型Gクラス
  • W463AフェイスのW463型Gクラス
  • W460顔のW463型Gクラス
  • エディション30.PUR
  • W463とW463Aの2台のスタイリング

ノーマル派からカスタム派まで時代を超越したGクラスの魅力とは

 日本におけるメルセデス・ベンツのラインアップのなかでも、つねに注目度の高いGクラス。”ゲレンデヴァーゲン”と呼ばれていた初代モデルのデビューから、40年以上もの時間を経ても基本骨格と性能に寄り添う硬派なデザインが今や独創的で、その佇まいが時代の流行をも凌駕してしまう存在だ。W460のGクラスの走り

 そんななかでもGクラスは、細かくマイナーチェンジを繰り返したわけだが、日本においてそのプレミアムな存在感が一気に広まったのは、2000年を超えたあたりぐらいだと記憶している。それまでは価格こそ高級車並であったが、クロスカントリーカーとしてヘビーデューティなスタイルと機能に惚れ込んだ一部のマニアにしか知られていなかった。だが、そのホンモノ感が徐々に注目され、当時はまだ珍しさもあってか、富裕層を中心に注目されるクルマとして世の認知度を上げていくこととなるのである。

オーナー個々がカスタムすることでプレミアムさをさらに演出

 そんなGクラスは、クルマの成り立ちとは相反する都会的で洗練された憧れの的のクルマとして広まり、いつしか都会のそこかしこで見かけるようになる。長年スタイリングの大きな変化が目立たないこのクルマだが、オーナーたちのなかでさらに愛車のプレミアム感を高めたり、ほかのGクラスとの差別化を図るようになる。JCWフォームチェンジキット装着のW463型Gクラス

 それはチューナーズブランドのエアロなどを身に纏うことで、自身のクルマよりもグレードアップさせるべく外装を着せ替えたり、マイナーチェンジ後のより高年式な外観にすることでニューフェイスを手に入れるなど、さらなるプレミアムなオーラを身に纏いたいというオーナーが多数派だった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS