メルセデスに今「顔面整形」ブームの兆し! AMG顔にできる「パナメリカーナグリル」とは (1/2ページ)

メルセデスに今「顔面整形」ブームの兆し! AMG顔にできる「パナメリカーナグリル」とは

AMG化を手軽に実現させるパナメリカーナグリル

 メルセデスオーナーの中でも、とりわけ高性能スポーツ車として至高のフィロソフィーを持つAMGへの憧れはいつの時代も尽きることがない。それを体現するものとして、その昔一世を風靡した「AMG仕様」なる言葉がある。標準仕様をAMGモデルのごとく「カッコ良くしたい!」とカスタムに走るわけだが、その定番手法として以前はAMGホイールを履き、専用オーナメントに貼り替え、マフラー出口の変更など、そのメニューは複数になりコスト的なハードルも高かった。

【関連記事】まるでプライベートジェット? 「豪華」にも程があるハイエースの「室内リフォーム」3選

AMGの象徴といえるパナメリカーナグリルのカスタムが大ブレイク画像はこちら

 そんな中、数年前から「パナメリカーナグリル」というAMGモデル専用のフロントグリルが登場したことで、AMG化カスタムの手法がグリル交換一択で出来るようになった。

GTマシンで脚光を浴びたパナメリカーナとモータースポーツの歴史

 そのイメージの象徴は、国内最高峰レース「SUPER GT」シリーズにも参戦するメルセデスAMG GTとなるが、現在のメルセデスAMG最高峰のスーパースポーツモデルの源泉となっているのが、遡ること約70年程前に登場したメルセデスのプロトタイプレーシングカー「300SL」(W194)だ。

【関連記事】まるでプライベートジェット? 「豪華」にも程があるハイエースの「室内リフォーム」3選

AMGの象徴といえるパナメリカーナグリルのカスタムが大ブレイク画像はこちら

 1952年に「カレラ パナメリカーナ メヒコ」という、この時代、世界一過酷と言われた公道を使った自動車レースに登場すると、見事優勝を果たす。当時、南北アメリカ大陸を国を超えて一本のハイウェイで結ぶ「パンアメリカンハイウェイ」整備の一部分、メキシコ区間の開通を記念したレースとして1950年から54年までの5年間限定で開催された。AMGの象徴といえるパナメリカーナグリルのカスタムが大ブレイク画像はこちら

 アメリカの隣国でのレースという事もあり、北米の名だたるメーカーはもとより、フェラーリやポルシェなどの欧州メーカーもこのレースに積極的に参戦。自社のクルマの高性能さを証明することによって、大きなマーケットである北米市場へのプロモーションとしても打ってつけの舞台であった。

 そこにメルセデスは超軽量のクーペボディに300リムジンのエンジンをレースチューンしたものを載せて、今で言うラリーレイドのようにドライバーとナビゲーターの2名が、5日間、3000km以上の行程を、途中ナビゲーターが負傷するというトラブルに見舞われながらも見事に優勝。このマシンがきっかけとなり、1954年に市販車仕様の「300SLガルウィング」の発売へとつながった。

画像ギャラリー