素人には絶対開けられない! 「顔面開閉」に「逆シザーズ」など奇天烈ドアのクルマ3選 (1/2ページ)

素人には絶対開けられない! 「顔面開閉」に「逆シザーズ」など奇天烈ドアのクルマ3選

ガルウイングドアやシザードア以外にも「変な開き方をするドア」がある

「変なドアの開き方」と聞いて真っ先に思い出すのは「ランボルギーニ・カウンタック」や国産車なら「トヨタ・セラ」、古くは「メルセデス・ベンツ300SL」などの跳ね上がるドアではないだろうか。これらは、一概に「ガルウィングドア」と言ってしまいそうだが、厳密にはカウンタックは「シザースドア」、セラは「バタフライドア」で、屋根部にヒンジを持つ300SLのみがガルウィングドアに該当する。

【関連記事】「キョンキョン」のCM、覚えてますか? 意外としっかり者だった2.5BOX軽「オートザム・レビュー」

ドイツにあるメルセデス・ベンツ博物館で撮影をした300SL画像はこちら

 でも古今東西には、さらに変な開き方をするドアを持つクルマがある。今回は、その中から厳選して3種類をお送りしたい。

1)逆シザースドア!? 分類が難しい「ライカン・ハイパースポーツ」

 2012年にレバノンに設立、現在はドバイに本社を置く「Wモータース」が、2013年に発表した「ハイパースポーツ」は、760馬力を誇るRUF製のフラット6+ツインターボをミッドに積むスーパースポーツである。製造は限定数台、日本円にして3億円オーバーという価格など、いろいろと型破りなクルマなのだが、ドアの開き方まで変わっている。

【関連記事】「キョンキョン」のCM、覚えてますか? 意外としっかり者だった2.5BOX軽「オートザム・レビュー」

2013年に発表されたライカン・ハイパースポーツ画像はこちら

 形式的にはカウンタックなどと同じように、ヒンジを車体側に持ち、上に跳ね上がる「シザースドア」ではあるのだが、ライカン・スーパースポーツでは、そのヒンジが後ろ側にあるのだ。しかも、カウンタックのように垂直に跳ね上がらない。「逆シザースドア」か、後ろヒンジのドアである「スーサイドドア」と合体した「スーサイド・シザースドア」とでも呼べばいいのか……。ランボルギーニ・カウンタックLP400のプロトタイプ画像はこちら

 ちなみに、シザースドアとバタフライドアの違いは、ヒンジの位置と開き方だ。後者では、ヒンジが屋根側にもあって、2つの支点を用いて広く跳ね上がるので見分けがつく。バタフライドアを採用するトヨタ・セラ画像はこちら

画像ギャラリー