軽もSUVもミニバンもなんでも縦開き! 圧倒的に「ドヤる」なら「ガルウイングドア」化が最高 (1/2ページ)

軽もSUVもミニバンもなんでも縦開き! 圧倒的に「ドヤる」なら「ガルウイングドア」化が最高

ドアを斜め上方に跳ね上げるカスタム

 クルマのドアをカスタムする手法で、2000年前半頃に一世を風靡したのが「ガルウイングドア」。ドアを斜め上方に跳ね上げる方式に変更することで、普通の国産車がスーパーカーのようなフォルムになることが人気を博し、かつてはクーペやセダン、ミニバンや軽自動車など、幅広い車種で大流行したのだ。ここでは、そんなガルウイングドアとは、どんなカスタムなのかについて紹介する。

【関連記事】「ノブを交換」は昭和脳! ボタン・ダイヤル・後付けパドルもアリの最先端「シフトカスタム」の世界

最終7代目T230型セリカのガルウイングカスタム車画像はこちら

ランボルギーニのドアが由来

 ガルウイングドアは、英語で「Gull Wing door」と標記するが、これは日本語で「カモメの翼」を意味する。元々は、1954年にメルセデス・ベンツの300SLが採用した、車体の外側上方に向かって左右のドアが開く方式を指し、前から見たドア全開時の姿が、飛行中のカモメに似ていたことから付けられた愛称だ。メルセデス・ベンツの300SL画像はこちら

 一方、日本やアメリカなどのカスタムマシンに多く採用されるのは、厳密にいうとベンツ式と違い、ランボルギーニの代名詞ともいえる、斜め上方にドアを上げ下げする方式だ。欧米では、この方式をハサミのような動きをするため“シザースドア”、もしくはランボルギーニのドアという意味で“ランボドア”とも呼んでいる。2001年のランボルギーニ・ディアブロ6.0 画像はこちら

 日本では、1970年代のスーパーカー・ブームの時から、ランボルギーニ式も“ガルウイング”と呼んでいたため、カスタムとして流行した時も、その呼称がそのまま使われたのだろう。

2000年代に流行した「スポコン」が発端で流行

 カスタムとしてのガルウイングドアが、いつ頃から日本で行われていたのかは不明だが、大流行の契機となったのは2000年代前半に人気を博した「スポコン」からだ。80スープラのガルウィングカスタム車画像はこちら

 これは、映画「ワイルドスピード」シリーズのヒットにより、アメリカで大流行した「スポーツコンパクト」というカスタムジャンルの愛称(1970年代にテレビでヒットした「スポーツ根性ものドラマ=スポ根」とは違うので念のため)。高級感溢れるドアとしてカスタムのひとつの形態として定着しているガルウイング画像はこちら

 映画では、ホンダのシビックやトヨタ・スープラ、日産・スカイラインGT-R、マツダ・RX-7など、国産スポーツカーをカスタムしたクルマたちが大活躍する。Z33型フェアレディZのガルウイングカスタム車画像はこちら

 派手なエアロやGTウイング、ネオン管などの光モノパーツといった、アメリカ的な解釈でカスタムされたクルマたちは、“派手で目立つ”ドレスアップ的要素が強く、“速さ”を重視する日本の“チューニングカー”とは一線を画していた。高級感溢れるドアとしてカスタムのひとつの形態として定着しているガルウイング画像はこちら

 そして、そういった劇中のクルマのカスタムが、当時の若者に受け入れられ、日本では「スポコン」として流行したのだ。

 ガルウイングドアも、そういったスポコン・カスタムのひとつとして、当時アメリカで高い人気であることが紹介され、日本でも火が付き、様々な車種に取り入れられることになる。高級感溢れるドアとしてカスタムのひとつの形態として定着しているガルウイング画像はこちら

 当初は、主に2ドアクーペ車だけに付けられていたが、そのうち4ドアセダンやSUVなどにも車種が拡大。また、スポコンは基本的にアメリカで販売された国産車をベースとするスタイルだが、VIPカーなど他ジャンルにもブームが飛び火し、高級セダンやミニバン、軽自動車などにも、ガルウイングドア車が急増。ガルウイングカスタムはミニバンにも採用されている画像はこちら

 当時は、ドレスアップコンテストなど様々なカスタム系イベントで、ランボルギーニばりにドアを斜め上方に跳ね上げた多種多様なクルマが、十数台近くずらりと並ぶといった光景も珍しくなかったほどだ。

ハマーのガルウイングカスタム車たち画像はこちら

画像ギャラリー