クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • R33GT-Rを手放して乗り換え! 30代の若きオーナーがセリカXXのトリコになったワケ
CLASSIC
share:

R33GT-Rを手放して乗り換え! 30代の若きオーナーがセリカXXのトリコになったワケ

投稿日:

TEXT: 高桑秀典  PHOTO: 高桑秀典

走行距離4万9000km台の極上車

 現在、ランボルギーニ・ミウラをはじめとする往年のスーパーカーのみならず、国産旧車の販売価格も軒並み高騰している。なかには、ビックリするようなプライスボードを掲げている国産旧車もある。

 とはいえ、欲しいときが買い時で、人との出逢いと同じように旧車との出逢いも一期一会。軍資金に見合った納得できるプライスの売り物があったら、迷うことなくゲットしておいたほうが幸せになれる。買い逃すと次のチャンスが無いかもしれないので、イケそうなときには思い切ったほうがいいのだ。

 さすがに3000万円オーバーで売られているような、あまりにも高価な国産旧車はオススメできない。だが、各部がしっかりリペアされ、ちゃんと走って、曲がって、止まれるクルマが片手でおさまる範囲の数百万円以内であれば、ダメダメなポンコツを買ってコツコツ直すよりも結果的に少ない出費で済む。

 そのようなコンディションのいい個体をゲットし、定期的にメンテナンスしていけば、すぐさま後悔するようなことにはならないだろう。

R33GT-Rを売却し1982年式のセリカXXを購入

 筆者の古くからのクルマ仲間である32歳のTさんも、先日、念願だった国産旧車を手に入れた。1995年式のR33型スカイラインGT-Rを手放し、それなりの値段で1982年式のトヨタ・セリカXXを購入したのだ。R33型GT-Rを残しておけば、もっと資産価値が上がってよかったのでは? と思う人も多いだろうが、Tさんはハッピーなカーライフを送っている。第三者目線で“いろいろと想う”ことがあるかもしれないが、本人が幸せならば、それでイイのだ。トヨタ・セリカXX

 今年の1月にダブルエックスを契約。納車されたのが2月末でまだハネムーン期間中だといえるが、クルマのコンディションが素晴らしく、今後もワクワクドキドキが持続することになるはずだ。ちなみに、買ったときの走行距離は4万9000km台で、まだ5万kmに達していないとのこと。

サーキットで見たGT-Rやスープラにインスパイアされた

 セリカXXの詳しい話をする前に、Tさんの車歴に関するパーソナルデータを記しておこう。

「24歳のときに買ったR33型GT-Rは初のマイカーです。今から8年前の話なので、2014年に買ったということですね。1990年生まれなので、GT-R、スープラ、NSXは、国産スポーツカーの代表というイメージでした。両親はクルマに興味がなかったため、遊園地ではなくてサーキットに連れて行ってほしいと懇願して、9歳のときに全日本GT選手権を観に行きました。そのときにスカイラインGT-R、スープラ、NSXがカッコイイと思い、インスパイアされました」

「ちなみに、幼稚園のときにクルマにハマって、その後、一回冷めたのですが、小学校2年生のときに友人とトミカで遊び、いろんなクルマがあるんだな! と思いました。子どものころ、家のクルマがトヨタのカローラだったのですが、それを買いかえて、少し大きなトヨタ製ファミリーカーになったこともクルマ好きになったきっかけでした」トヨタ・セリカXX

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS