ナスカー参戦の服部茂章氏が新たな挑戦! GRスープラGT4でSRO GT4 Americaシリーズに戦いを挑む (2/2ページ)

もうひとりのドライバーはGT3を知り尽くすベテランを起用

 そしてもうひとりが、スポーツカー・シリーズのベテランドライバーであるマット・プラム選手(47歳/ロードアイランド州プロビデンス出身) 。スキップバーバーからレースをスタートさせ、スポーツカー・シリーズ転向後はIMSA GT3クラスを中心にBMWやポルシェを駆り、トップドライバーとして活躍した。チームのマネージメントやドライバーコーチとしても活動している。

 ルーカス選手は「GRスープラをドライブするという夢が実現します。シーズン前のテストは非常に良いものでしたし、経験のあるマット・プラム選手とチームメイトとなるのは、自分にとっても大きな助けとなるでしょう。今シーズンがスタートすることを楽しみにしています」とコメントしている。

 プラム選手は「チームに合流できたことに感謝しています。チームメイトのセスは知的で才能があり、勝つことへの強いのこだわりも持っており、私とのパートナーシップはぴったりです」とコメント。

 服部代表は「今までのナスカーでの経験を活かし、このスポーツカー・シリーズでもチャンピオン獲得を目標にし、さらなる活動の幅を広げて行きたいと思います。トヨタGRスープラは、事前テストからしっかりと速さを発揮しており、期待しています」とコメントした。SRO シリーズ開幕戦は4月16日~17日、ソノマ・レースウェイ(カリフォルニア州)でスタートとなる。

【関連記事】5日目終了で三菱「トライトン」がトップを維持! 全車、最後のSSが待つカンボジアへ入国【AXCR2022】

ナスカー界唯一の日本人チームオーナー、服部茂章氏が新たな挑戦へ画像はこちら