サーキットでは「どシャコタン」の効果が絶大だった! 低ければ低いほど「有利」になる理由 (1/2ページ)

サーキットでは「どシャコタン」の効果が絶大だった! 低ければ低いほど「有利」になる理由

車高が低いほど有利だがデメリット対策も大変

 そこに山があるから登るのだと登山家は言う。そしてサーキット派は、そこにクルマがあるならば、車高を下げる! ではなぜサーキット派は車高を下げるのか? そこにはどんな効果、あるいは弊害があるのか、クルマの足まわりのセッティングを中心に解説していこう。

「重心」と「空力」は低ければ低いほど良し

 サーキットを走るクルマがなぜ車高を下げるのか、それは「重心」が下がるからだ。コーナリングを考えれば、車高は低いほどロールしにくくなり、コーナリング性能はアップしやすい。バスやトラックよりもセダンの方が曲がるときに頭が振られず、速い速度でも曲がれるのと同じことである。

 また、レーシングカーが車高を下げるのは、重心を下げたいことに加えて空力が良くなるから。クルマの底面と地面が近いほうが、クルマが路面に吸い付くダウンフォースが発生しやすい。せっかく「フラットフロア」と呼ばれるようにクルマの底面を真っ平らにしても、車高が高いとあまり意味がない。だからこそ、レースでは路面に接触して火花が散るほど車高を下げたいのだ。

【関連記事】ホイールの王者は「ワンピース」? 1分でわかる「マルチピース」との違いと構造ごとの特色とは

レーシングカーでは路面に腹を擦るほど低いのが当たり前画像はこちら

ストリートカーでは下げた分だけ弊害が出てくる

 ならば下げられるだけ車高を下げたいところだが、ストリートカーの場合、弊害が発生しまくる。

 まず、タイヤとインナーフェンダーや、ときにはフレームなどが当たってしまう。ボディの色々なところが地面に当たってしまうこともある。そこまで下げなくてもサスペンションに変化が起きるのも問題だ。

 具体的には、サスペンションアームの角度が変わることでアライメントが変わってしまう。サスペンションは沈みこむときにホイールアライメントが変化するように設計されている。それはサスペンションが大きく沈むようなシチュエーションになったときに、クルマがスピンしたり変な挙動を起こさないためである。

 たとえば、フロントサスは沈むほどトーアウトになって曲がる力が弱まるようになっていたりする。リヤサスなら沈むほどにトーインになって、クルマが安定する方向になることが多い。自動車メーカーではエマージェンシー用に、そうなるように物理的に設計されているのだ。

車高を下げるとサスペンションアームの角度も変わり、アライメントも変わってしまう画像はこちら