新登場のクーペSUV「ルノー・アルカナ」! 早速「走り」と「アウトドアでの使い勝手」をチェックした (1/2ページ)

noteで書く
新登場のクーペSUV「ルノー・アルカナ」! 早速「走り」と「アウトドアでの使い勝手」をチェックした

この記事をまとめると

  • 5月26日に発売となるルノーのクーペSUV「アルカナ」
  • 輸入車唯一の2モーターフルハイブリッド
  • 走りと実用性、アウトドア性能を試乗して検証

輸入車唯一の2モーターフルハイブリッドという個性

 今や輸入車の世界においてもトレンドはSUV。そんななか、じつに魅力的な、比較的コンパクトなサイズ、価格の「ダイナミック」クーペSUVが登場した。それが「ルノー・アルカナ」だ。クーペSUVというと高級車の価格ゾーンに入るドイツ車がメインとなっているが、最初に言っておくとアルカナの価格は「R.S. LINE E-TECH HYBRID」という最上級グレード、それも現時点で輸入車唯一の2モーターによるフルハイブリッドで429万円である。メルセデス・ベンツのエントリーSUVである「GLA」が、1.3Lターボのベースモデル「180」で521万円~なのだから、フルハイブリッドでその価格はかなりのバーゲンプライスと言っていいはずだ。

F1由来のドグクラッチATをサブモーターで制御

 そんなルノー・アルカナのプラットフォームはルノー・日産・三菱のアライアンスによって開発された「CMF-B」プラットフォームだ。どこかで聞いたことがある……そう、「日産ノート」、「ノートオーラ」にも使われているものだが、その多様性からCセグまで対応するとされている。実際、流麗なクーペシルエット×SUVらしい下半身の力強さあるボディは全長4570×全幅1820×全高1580mmと、低めながら堂々感ある佇まいが印象的だ。

【関連記事】イマドキのキャンプなんてセダンでも行ける……と思ったが「やっぱりSUVでよかった」と感じたエピソード3つ

最低地上高は200mm確保しているのでキャンプ場なども安心画像はこちら

 駆動方式はFFのみだが、最低地上高は200mmを確保。そしてパワーユニットも興味深い。1.6Lエンジン+2モーターの独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を用いるとともに、ルノーF1で採用される電子制御マルチモードATには「ドグクラッチ」を組み合わせる。これは一般的なクラッチやシンクロを省き、軽量コンパクト化を図るとともに、エンジン側に4速、モーター側に2速のギヤが組み込まれた12通りの組み合わせを持つもので、メカニカルロスの少ない切れ目のない変速、変速ショックのなさを実現。アルカナとしてフルハイブリッドとともに、F1由来の大きな特徴となっている。

1.6L直4エンジンと2つのモーターの組み合わせ画像はこちら

 結果、エンジン94ps/148N・m、メインモーター49ps/205N・m、サブモーター20ps/50N・mからシステム出力143psを発揮。車重にしても1.3Lターボモデル比で約110kgの軽量化が図られた結果、WLTCモードで22.8km/Lという好燃費性能を可能にしているのだ。

 ハイブリッドシステムについては、約40km/h以下までをモーター走行(バッテリーの充電状態にもよる)、約40~80km/hまでがモーター+エンジンのいわゆるハイブリッド走行、そしてエンジン走行の効率が高まる約80km/h以上からはエンジン走行となる。

ドグクラッチを採用しサブモーターで回転数を合わせる仕組み画像はこちら

上質かつスポーティなインテリア

 スタイリッシュなエクステリアデザインもさることながら、アルカナはインテリアも素晴らしい。ルノー・スポール由来の「R.S. LINE」デザインだけに、カーボン調パネル、レッドラインが特徴的なインパネとドアトリム、レザーステアリング&レザー×スウェード調コンビスポーツシートが上質かつスポーティな雰囲気を醸し出す空間が演出されている。「VW T-ROC」の樹脂感ムキ出し、コストダウン全開の室内空間とは大違いである。メーターは10.2インチのフルデジタルメーター、センターにあるモニターは7インチのタッチスクリーンタイプだ。ただし、ナビ機能は持たず、スマホのナビアプリを利用することになる。

カーボン調パネルや赤いアクセントカラーがスポーティさを演出画像はこちら

 室内空間もクーペSUVにして十分な広さがある。身長172cmの筆者のドライビングポジションを基準にすれば、前席頭上に160mm、後席頭上に110mm、膝周りに160mmという、このクラスとしては不足なし。後席は決して広々とは言えないものの、フロアからシート座面までの高さ=ヒール段差が350mmと高めで、自然な姿勢で着座できるところが嬉しい。エアコン吹き出し口のある後席のフロア中央の凸も低めだから、3人掛けもそうキツくはないはずだ。USBソケットは前後席に各2個ずつある。

リヤシートは身長170cmの大人が頭上に狭さを感じない画像はこちら

容量たっぷりのラゲッジは車中泊も可能

 アルカナはクーペスタイルとは言ってもSUVだから、アウトドアの用途にも向いている。そこで気になるラゲッジルームだが、容量は480L(GLA 425L、T-ROC 445L)とたっぷりで、開口部地上高765mm(段差なし/フロアボード上段)、フロア奥行き980mm(GLA 800mm、T-ROC 810mm)、フロア幅1000mm(GLA 1040mm、T-ROC 1050mm)、最大天井高740mm(フロアボード下位置)となっている。フロアボードを上段にセットすれば深さ約120mmの床下収納をつくることも可能だ。

ラゲッジのフロアボードは上下段で使い分けられる画像はこちら

 そしてフロアボード上段で後席を倒せば、段差のない拡大ラゲッジフロアが出現。その奥行きは1600mm(T-ROC 1410mm)もあり、ヘッドレストを逆付けして枕代わりにすれば、身長175cm程度の人なら真っすぐに横になることもできそうだ。つまり、車中泊も可能ということになる。

後席をフルフラットにすると奥行き1600mmある画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー