知る人ぞ知るマニアスポーツカーブランド「ヴィーズマン」が8年の時を経て復活! だがクルマはピュアEV (1/2ページ)

noteで書く
知る人ぞ知るマニアスポーツカーブランド「ヴィーズマン」が8年の時を経て復活! だがクルマはピュアEV

この記事をまとめると

  • ドイツの独立系スポーツカー・ブランド「ヴィーズマン」
  • 1990年代に一世を風靡するも2014年に活動停止
  • 今回EVでリバイバルしたモデルを発表し復活した

ドイツの独立系スポーツカー・ブランド「ヴィーズマン」

 近頃、復活スーパーカーの話題で熱いといえば、夏のぺブルビーチであの「デロリアン」が復活するんじゃないかという、もっぱらのウワサ。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで名を馳せた超メジャーなデロリアンだが、マニアならEV復活モノで忘れてならないのは、やっぱりこちらの話題じゃないか? それがドイツの独立系スポーツカー・ブランド、「ヴィーズマン」だ。

クラシックな雰囲気のスポーツカーを独自に製作

 ことの起こりは1987年、クラシックなスポーツカーを現代のコンポーネンツを用いて作れないか? と模索したマルティンとフリードヘルムのヴィーズマン兄弟が、自身のメーカーを立ち上げたことだ。翌年、オランダ国境に近いドイツ西部で行われるエッセン・モーターショーで、彼らは最初のプロトタイプを発表。その後何年にもわたって改良を重ね、ついにバックヤードビルダーから自動車メーカーとして、「MF30」と「MF3」を90年代初頭、発売するに至った。

【関連記事】出すなら令和だったろ! アウトドアブームのいまなら大ヒットの予感漂う平成の不人気車3選

1993年に発売されたヴィーズマンMF3画像はこちら

Z3登場以前の欧州で人気を誇ったロードスター「MF3」

 とくに後者MF3は1993年にデビューし、BMW M3の「S54」直6エンジンをフロントミッドシップマウントした、ロードスター・ボディのピュアなミドルウェイトスポーツとして注目を浴びた。ちょっとTVRを思わせるモダンなマスクにロングノーズのプロポーション、ACコブラのような抑揚のついたボディラインも魅力的。それでいて1100kg少々の軽さに、BMWメイドのNAエンジンという組み合わせが新鮮だった。まだなにせZ3ロードスター以前、ユーノス・ロードスター以降の世の中なので、欧米サイドで盛り上がったのもむべなるかな。ようはファミリア・ベースの初代NAロードスターより、格段にセクシーだったというわけだ。

MF3にはBMW製S54エンジンが積まれていた画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー