クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 名車「695 SS」をオマージュ! スポーツ度を高めたアバルトの限定モデル「695 エッセエッセ」が発売
ワークスチーム
share:

名車「695 SS」をオマージュ! スポーツ度を高めたアバルトの限定モデル「695 エッセエッセ」が発売

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 PHOTO: Stellantisジャパン

スーパースポーツを意味したアバルト最上級グレードが発売へ

 ステランティスジャパンは、ABARTHの限定モデル「695 esseesse(エッセエッセ)」を設定し、5月28日(土)から販売する。同車は、世界限定1390台のうち400台が日本に割り当てられている。今回発売される「695 esseesse」は595 Competizione(コンペティツィオーネ)をベースに、専用装備を採用したことによりスポーツ性を高めた1台だ。

 車名の「695 esseesse」は、2代目のフィアット500をベースに、アバルトが1964年に送り出した『695 SS』に由来している。SSはイタリア語でエッセエッセと発音し、スーパースポーツを意味している。アバルト695 esseesse

 登場した695 エッセエッセは、往年の“695 SS”をヒントに、現代風のアレンジが加えられている。例えば、ボディカラーには695 SSを彷彿とさせるGrigio Campovolo(グレー)、Nero Scorpione(ブラック)を採用。ボディサイドにはスポーティ感を引き立てるホワイトのストライプや、特別装備となる17インチの12本スポークアルミホイールが組み合わされている。アバルト695 esseesse

 さらに、ドアノブ後方にある両サイドには「695」エンブレム。リヤには「695 esseesse」エンブレムが、特別なモデルであることを示している。アバルト695 esseesse

 エクステリアでは、フロント周りの軽量化に貢献するアルミニウム製エンジンフードを採用。フロントバンパーのリップスポイラーはホワイト仕上げとなる。また、ヒーテッド電動ドアミラー(ホワイト)も装備されている。アバルト695 esseesse

 リヤに目を移すと、2019年にアバルト70周年を記念した特別限定車「695 70° Anniversario」にも採用された角度調整式のアジャスタブルスポイラーを装備。これにより高速走行時の挙動の安定化を図っている。マフラーは、ベース車とは異なるAKRAPOVIC(アクラポビッチ)製の高性能エキゾーストシステムが装着される。なお、ディフューザー一体型リヤバンパーにはホワイト仕上げのインサートが入っている。アバルト695 esseesse

 インテリアには、助手席に695 esseesseのロゴが入る。ホワイト仕上げバックシェルとなるSabelt(サベルト)製スポーツシートとレッドシートベルトを採用。アルカンターラダッシュボードやフロアマットにより限定車らしいプレミアム感が高められている。さりげなさで言えば、カーボン調シフトノブやロゴ入りトノカバーを装着するなど、細部までデザインに気を配っているあたりが、イタリアらしい。アバルト695 esseesse

 トランスミッションは5速MTのみの設定で、ボディカラーはGrigio Campovolo(グレー)とNero Scorpione(ブラック)に、それぞれ右/左ハンドル車が設定され、合計4モデルで各100台ずつ導入される。車両価格は470万円(税込み)となっている。アバルト695 esseesse

 過去のモデルも即日完売となっているので、欲しいと思った方は早めに行動されることをおすすめしたい。

すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS