普通のスポーツタイヤじゃない! Sタイヤでもない! サーキット派御用達の「レーシングラジアル」って何モノ? (2/2ページ)

実際にRE-12Dで数万kmほど普段乗りしてみた感想は?

 筆者自身も普段乗りでPOTENZA RE-12Dを数万km使ってみた。台風レベルの土砂降りのときはハイドロプレーニング現象が起きやすいので注意が必要だが、それ以外はまったく問題なし。意外とロードノイズも耐えられる範囲内で、乗り心地も特別悪くもない。むしろ剛性の高さからくるハンドリングのシャープさは、ちょっとその辺を走っていても楽しいと思えるものだった。

【関連記事】「3000キロ」がエンジンオイル交換の目安は本当? 愛車を大切に乗り続けるためにできることとは

POTENZA RE-12D画像はこちら

 レーシングラジアルの下のカテゴリーは、昔からある「ハイグリップラジアル」(またはスポーツラジアル)と呼ばれるもの。現在でいうと「NEOVA AD09」、「RE-71RS」、「DIREZZA ZⅢ」、「EAGLE RS Sport S-SPEC」などがそれにあたる。こちらはもっと街乗りに適したモデルで、なにより普段乗りで扱いやすい。溝も浅くないので雨の日も怖くないし、乗り心地や静粛性もそこそこ確保されている。

 このハイグリップラジアルとSタイヤの間に生まれた新たなカテゴリーであるレーシングラジアルは、発売するメーカーも増え、選択肢が増えてきているのだ。

DIREZZA β02画像はこちら

 

 

画像ギャラリー