クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 超お手軽なのにUS感全開! 「ノーズブラ」&「バグガード」を装着した日本車のイケメンっぷり【34th MOONEYES Street Car Nationals】
CUSTOM
share:

超お手軽なのにUS感全開! 「ノーズブラ」&「バグガード」を装着した日本車のイケメンっぷり【34th MOONEYES Street Car Nationals】

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部 竹内耕太  PHOTO: Auto Messe Web編集部 竹内耕太/MAZDA

昔は日本のパトカーにもあった「バグガード」、アメリカでは健在

 また、フロントフェイス全体を覆わないで、ボンネットの前端だけのタイプのノーズブラも一般的だ。アメリカでは「スポーツ」タイプとも呼ばれる。飛び石などからのガード云々よりもドレスアップ色が強くなる一方、小さな虫がフロントウインドウにぶつかるのを緩和するための「でっぱり」が付いていることが多い。

「スポーツタイプ」ノーズブラ

 日本ではかつて、パトカーのボンネットに不細工なアクリル製の「バグガード」が付いていたことがあったが、現在ではすっかり見かけなくなってしまった。だが国土が広大でアウトドアの比率も高いアメリカでは、現在も各種のバグガードが販売されている。これも「アメリカ度」とグッと高めてくれるアイテムだ。

 SCN会場で多く見かけたのが、北米で純正アクセサリーとして販売されているバグガードを装着したスバル車やホンダ車だ。懐かしのノーズブラとは違って最新モデルにふさわしいモダンなデザインとなっているのが特徴。こちらならリスクは少ないお手軽アイテムなので、最新の国産車に乗っている人も、北米法人でバグガードが販売されているかチェックしてみるといいだろう。

 画像ギャラリーに、今年のSCNで見かけたノーズブラとバグガードを装着した国産車の写真をアップしておいたので、そちらもじっくり観察して参考にしていただければ幸いだ。

USスバル純正アクセサリーのバグガード

1 2
  • 「フルタイプ」のノーズブラ
  • 「フルタイプ」ノーズブラで着飾ったシティカブリオレ
  • 「スポーツタイプ」ノーズブラ
  • 「Tタイプ」ノーズブラを付けたプリウス
  • USスバル純正アクセサリーのバグガード
  • 1986年アメリカのFD3Sカタログ
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS