「ベランピング&庭キャン」がご近所トラブルに!? 自宅でキャンプ気分を満喫するためのマナーとは (1/2ページ)

「ベランピング&庭キャン」がご近所トラブルに!? 自宅でキャンプ気分を満喫するためのマナーとは

この記事をまとめると

  • 自宅のベランダでちょっとしたアウトドア気分を楽しむ「ベランピング」
  • 庭でテントを張って泊まる「庭キャン」
  • 近隣へ配慮を忘れないように気をつけること

おうちで手軽にキャンプ気分を味わってリフレッシュ

 数年前からベランダで楽しむ「ベランピング」や、お庭で楽しむ「庭キャン」が注目を集めています。沸騰するキャンプブームの煽りを受け、週末や連休になると有名キャンプ場は予約が取れない状態。そうなるとベランピングや庭キャンはお手軽に楽しめ、灼熱の夏でも我慢の限界を越えた瞬間、キンキンに冷房が効いた部屋に逃げ込むことができるというメリットもあります。ここでは、ベランピングや庭キャンの魅力に迫るとともに注意点について考えてみましょう。

小さなスペースでノンビリくつろぐ「ベランピング」

「ベランピング」はその名の通り、ベランダで楽しむキャンピングのこと。ひと口にベランダと言ってもさまざまで、驚くような広さを持つバルコニーから洗濯物を干すだけの狭小ベランダまで、住宅環境によって異なります。もちろん、人が入れないほどのスペースでのベランピングは不可能ですが、一般的な広さなら十分に楽しめるはず。

 まずは小さなテーブルとチェアを置き、ノンビリとコーヒーでも楽しむことから始めましょう。コーヒー豆をミルで挽き、コンパクトなバーナーでお湯を沸かせばいつものベランダがキャンプ場へと早変わり。ホットサンドメーカーでパンを焼き、クーラーボックスに入れた冷えたビールを喉に流し込むのも充実した時間になるはずです。物干し竿にタープを掛けて日陰を作り、溜まった湿気を乾燥させながらコットにゴロリ。好きな本でも読んでお昼寝を楽しむのもおすすめです。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

ベランダでコーヒーを淹れるだけでも楽しい画像はこちら

 本格的なベランピングを楽しみたいのであれば、ソロテントを張ってベランダで夜を過ごすのも面白いでしょう。夜空を眺めながら過ごす時間は、生活の拠点である見慣れた自宅とは違った楽しさが味わえます。汗をかいたならシャワーを浴び、さっぱりとした状態でふたたび参戦できるのもベランピングの魅力。子どもがいるのなら一緒にテント泊を楽しんでみましょう。きっと秘密基地感覚で楽しんでくれるはずです。万が一、子どもがテント泊を怖がってもすぐに部屋に戻れるので安心です。キャンプの英才教育としてアウトドア体験をベランピングから始め、次第に本格的なキャンプへと導いていくのも賢い方法です。

ハンモックやコットがあると昼寝も楽しめる画像はこちら

画像ギャラリー