いまキャンプではヴィンテージがブーム! 揃えておきたい「コールマン」や「ファイヤーキング」などのオススメアイテムとは (1/2ページ)

いまキャンプではヴィンテージがブーム! 揃えておきたい「コールマン」や「ファイヤーキング」などのオススメアイテムとは

この記事をまとめると

  • アパレルやクルマ、腕時計などいまヴィンテージなスタイルが人気
  • ヴィンテージなキャンプ道具を買うならリサイクルショップを狙え!
  • 注意点があるとすれば機能性重視の比較的新しいモデルを使いたい

アウトドアスタイルをワンランク高めるヴィンテージキャンプのススメ

 コロナ禍で、巷では「ヴィンテージ」が大きなブームになっています。上海でのロックダウンにより半導体不足となったことで、自動車やモーターサイクルの生産が縮小され、その反動で中古車や中古バイクの価値が驚くように高騰しています。また、腕時計や釣り道具、スニーカー、ジーンズ、シルバーアクセサリーなどは、新たなトレンドを追い続けることに辟易した人たちの急増で、価値が急上昇しています。その流れはキャンプにも波及しており、トレンドに左右されないヴィンテージなアイテムに注目が集まっています。

リサイクルショップの活用がヴィンテージキャンプを後押し

 では、どうしてヴィンテージなキャンプ道具が人気を博しているのかと考えると、そこには3つの理由が考えられます。まずひとつ目は、経済の低迷による支出金額の減少です。物価の上昇に対して収入が増えないいま、キャンプ道具に使える金額が少なくなったことでリーズナブルな「中古品」に手を出す人が増えたこと。ふたつ目は続々とリリースされる新型モデルの新製品攻勢に付いていけなくなった人や、メーカーの商品戦略に騙されなくなった賢い人が増えたことも挙げられます。3つ目は「映え」と呼ばれる、最新アイテムにはない個性的な見た目を重視する人が増えたこともあるでしょう。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

ヴィンテージなキャンプサイト画像はこちら

 自分の身の丈に合ったキャンプを楽しむことがキャンプの本質だと気づき、無理をして新しいキャンプ道具を揃えることが「正解ではない」と考える人が増えたと言うことかもしれません。さらに、このムーブメントを後押ししたのがメルカリやヤフオクなどの個人売買が一般化したことと、セカンドストリートやハードオフなどのリサイクル専門店が続々と誕生したことも追い風になっているようです。その恩恵で手軽に中古品が売買できるようになり、中古品の延長線上にある「ヴィンテージ」が注目されていることは間違いなさそうです。

 ヴィンテージと呼ばれるキャンプ道具の魅力は何といっても時代に左右されない希少性でしょう。最新機種と比較すれば性能は劣るものの、古き良き時代のデザインや雰囲気は大きな魅力です。時代の最先端を追い続けるのも悪くはないのですが、ヴィンテージのアイテムで構成されたキャンプサイトは古民家で寛ぐような雰囲気を醸し出し、都会暮らしで疲れた人たちにとって憩いのスペースになっています。

ヴィンテージなキャンプ道具01:
コールマン製ガソリンランタン

 これから「ヴィンテージキャンプの世界に足を踏み入れたい」と考えている人に向け、最初に紹介したいのはコールマンのガソリンランタンです。その理由は製品の裏(燃料タンクの裏側)に製造年月が刻印されているので、自分や大切な人と同じ誕生日(製造年月)の「バースデーランタン」を探すことができ、バースデーランタンを手に入れればより愛着が湧くことは間違いありません。コールマン製ガソリンランタン画像はこちら

ヴィンテージなキャンプ道具02:
カーミットチェア

 次に少々お値段は高くなってしまいますが、カーミットのチェアは雰囲気も良く高い人気を誇っています。「キャンプはイスから」と言われるようにチェアは重要なアイテムですから、清水の舞台から飛び降りるつもりでカーミットのチェアを手に入れてしまいましょう。同製品はカスタムパーツが多く、長く使っていても座面や背もたれを交換することで長く使い続けることができます。「何度もチェアを買い替える」というのも“キャンパーあるある”のひとつであり、最終的にカーミットに……というのであれば、最初から手に入れてしまう方が経済的なのです。カーミットチェア画像はこちら

画像ギャラリー