「シャコタン」は何センチが正解? ダウン量だけでない正しいローダウンの最適解とは (1/2ページ)

「シャコタン」は何センチが正解? ダウン量だけでない正しいローダウンの最適解とは

この記事をまとめると

  • ひと口にローダウンと言うけれど適正値は何センチ?
  • まずは保安基準の最低地上高9cmを守ることが大切
  • サスペンションメーカーの推奨値を参考にする!

カスタムの第一歩「ローダウン」の適正値とは

 最低地上高は、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示 第163条にて、9cm以上あるようにと定められている(前輪と後輪の中心軸の間で最も低い場所を測定)。フレームやサスペンションアーム、マフラーのタイコ部が最低地上高の測定位置になることが多く、さらに2006年1月以降に生産されたクルマの場合、地面からバンパーなどに装着された灯火類(ウインカーランプ、ブレーキランプ、テールランプ)の下縁の高さが35cm以上、フォグランプやリフレクターは同25cm以上なくてはならない。

 つまり独立したリップスポイラーなどは極端な話、路面に擦るほど低くても法的には問題がない。ただ、実際問題としてどれくらい下げるのが適切なのか? それは車種によっても異なるし、スポーツカーなのかミニバンなのかでも大きく変わるのでなんとも言えないが、参考にしてほしいのは車高調整式サスペンション(以下、車高調)の取扱説明書による標準値が基準になる。

過度なローダウンはフェンダーやアームの干渉に要注意

 サスペンションメーカーではハンドリングやスタイリング、アーム類の干渉などを検証して、その車高調の標準車高を指定している。その数値なら、タイヤとフェンダーが干渉したり、アライメントがとんでもなく変化したりというネガティブな要因が起こらないことを確認しているのだ。その数値は車高調の各部の長さも含めて説明書に記載されているので、まずはその値にするのがベターだ。国産サスペンションメーカーや有名海外メーカーのパーツであれば必ず明記されているが、スポーツ系の車種でいえば25~30mmダウンくらいが主流だ。

【関連記事】家族ドン引きの乗り心地! 間違った車高調セッティングの診断と改善方法をお教えします

タイヤとフェンダーのツライチセッティング画像はこちら

 そこからもっと下げたいとなるといろいろな確認が必要になる。まず、車高調を入れるクルマはホイールも変更している場合が多いと思う。タイヤ外径がアップしていればフェンダーと干渉しやすくなるし、エアロを装着していれば路面とのクリアランスも狭くなっている場合がほとんど。車種によってはアームとタイロッドが干渉したりもするので、その部分の入念な確認が必要だ。

画像ギャラリー